【怖い話 実話 一番怖い話】電話番号は現在使われておりません 危険な話 恐怖体験 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 一番怖い話】電話番号は現在使われておりません 危険な話 恐怖体験 長編

あんまり怖くないと思うが書かせてもらう、すまない。

少し前の話なんだが、夕方くらいに教科書を学校に

忘れたことに気付いて学校に取りに行ったんだ。テスト

期間中だったし、「うわっやべー忘れてた・・・」って感じで。


IMG_1584.jpg


んでその帰り道でさ、俺が教科書持って歩いてたら、

向こうからやたらでかい声で電話しながら歩いてくる

おっさんがいたんだ。

「うるせえなあ」とか思ってじろじろ見てたら近くで

見て気付いたけど、そのおっさんなんか様子が変なんだ。

おっさん誰かと電話しながらずっと小刻みに首を

「カクッカクッ」って感じで上下に振っててさ、

なんかそれ見た瞬間「うわっ・・・」って思った。

で、気持ち悪いから横にズレてそのおっさんと

近くですれ違わないように歩いてたんだ。

そしたらおっさん、ペットボトルかなんか踏んで

派手にすっ転んでさ、『カラカラカラー』って俺の

足元に携帯が転がってきたんだ。

とっさに俺が携帯拾って渡そうと思って

おっさんの方見たら、寝転びながらもまだ

首をカクカク振っててマジで不気味だった。

「なんだこのおっさん・・・」とか思いながら、

携帯渡してとっとと帰ろうとしたんだ。

んで転んだ体勢のままのおっさんに

「あのー・・・」って携帯渡そうとして気付いたんだけど・・・

多分誰もが一度は聞いたことがあるだろうセリフが

かすかに聞こえた。

『・・・になった電話番号は現在使われておりません』

それが聞こえた瞬間、「やばいやばいやばい」って

言葉が頭の中をよぎって、半ば投げ付けるような形で

おっさんに携帯渡して全速力で家に帰って玄関に

鍵をかけた。

あんまり怖くないかもだが俺は本当に怖かった。

俺幽霊とかは見たことないからあのおっさんは

人間だと思うけど、マジで洒落にならんくらい

不気味だった。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます