【怖い話 実話 一番怖い話】誰かが俺をはめてるとしか思えない 背筋が凍る恐怖体験 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 一番怖い話】誰かが俺をはめてるとしか思えない 背筋が凍る恐怖体験 短編

今でも誰かが俺をはめてるとしか思えない話。

幼稚園から大学までエレベーター式に進学してきた俺。

小学校~大学まで同期で友達の

『達也』ていうのがいた。

IMG_1535.jpg


達也とは昔からかなり仲が良く、

俺の家に泊まりに来て俺の部屋を

掃除してくれてた。

最近ではよく服を買いに行っていた。

達也は大学に通う傍らホストをしてて話が

上手く、俺の母や父を楽しませてくれていた。

で、つい先月。

俺と達也と基男(最近仲良くなった)で

伊勢神宮に行った時。

達也が俺に「行ってくるから待ってて」と

言い、どっかに走って行った

俺はトイレに行ってるんだろうと

思い待っていたが、基男が「早く行こう」と言う。

俺は「達也は?」

基男「誰それ?」

もう意味が分からん。

基男と俺で話が食い違う、俺のケータイの

アドレスに達也なんてないし、

メールや電話履歴にも達也なんてない。

俺は腑に落ちないまま帰宅、

両親に達也の事言っても誰も知らないだと。

卒業アルバムにも達也なんていない。

大学の生徒欄にも達也なんてなかった。

今でも誰かが俺をはめてるとしか思えない。

カラオケで浅井健一の真似をした

達也を俺は覚えている。

ナンバーナイン着た達也を俺は覚えている。

俺の脳障害なのだろうか?


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます