【怖い話 実話 不気味な話】スペースワールドという遊園地 めちゃくちゃ怖い話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 不気味な話】スペースワールドという遊園地 めちゃくちゃ怖い話 短編

私が小学五年生のころ、

スペースワールドという遊園地に

一週間ほど滞在するツアーがあり、

従兄弟と2人で参加したときのことです。

IMG_2071.jpg


一日目、楽しい体験をたくさんしてホテルに

帰り従兄弟と「明日はどんなことするんだろうね?」

とか話してました。

その後、確か夜8時ごろだったと思います。

突然、自分と同い年ぐらいの女の子の声が、

「ねえねえ、」と話しかけてきました。

ちょっとびっくりしましたが、すぐ隣の部屋から

聞こえてくることがわかり、その子と一時間ぐらい、

たわいない雑談をしました。

・・・ここまでくればわかるとお思いですが、

次の日その部屋を覗こうと隣に行ってみると、

そこに部屋はありませんでした。

私の部屋の隣は、階段になっていて、

わたしの部屋の壁とおぼしき所は、

とても人が話せる位置にはありませんでした。

あのときは不思議に思っただけでしたが、

今思うとぞっとします。

昨日の雑談のとき、彼女が言った言葉・・・。

「ねえ、こっちの部屋にこない?」

「もう寝る時間だしいいよ」と・・・答えた私。

言ってなかったら・・・かなりヘタレな文章に

なりましたが、実話です。

ちなみに、部屋に泊まる際に言われたのですが、

以前ツアー中にベッドから転落し首の骨を

おって亡くなられた人がいたそうです。

確認して見たところ、その子は

小学五年ぐらいの女の子で、

私の泊まった部屋で亡くなられたそうです・・・。

少々気になりながらも残りの日を過ごし、

いよいよ最終日となり、全員で集合写真を

とることになったんです。

後で出来上がった写真を見ると、

わたしの肩に手がくっきりと写っていました。

周りの人の姿勢をみても、

いたずらでやられたようには見えませんでした。

第一私は列の一番左にいたのに左肩に

手が置いてあったのです。

恐らく彼女はさびしくて私に

ついてきたのでしょうね。

あれ以来別に何も怪奇現象が

起こっていないので、

悪い霊じゃないのだと思いたいです。

ただ、彼女の冥福をお祈りしたいです。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます