【怖い話 実話 不気味な話】「押入れにおばさんがいる!」 怪奇現象 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 不気味な話】「押入れにおばさんがいる!」 怪奇現象 長編

個人的にトラウマな話。

家族以外は知らないし、誰にも話したことない。

うちは転勤族で、子供の時は

2~3年おきに引っ越ししてた。

IMG_1646.jpg


小3~4年の時住んでたのは京都のとある市だったんだが、

アパート(官舎?)の裏は山になってた。

近所の友達とよく裏山を探検してたんだけど、

親から言われてたのもあってあまり奥までは入らなかった。

ある日、親たちには内緒で、友達3人くらいと

裏山の奥まで入ったことがあった。

多分30分ほど適当に歩いてたら、廃屋があった。

別に普通の廃屋だった。

俺たちはテンション上がって、

廃屋の中に入って探索してた。

平屋の3LKくらいの間取りだったと思う。

廃屋のリビングと思われる部屋にエ口本が

数冊落ちてて、エ口ガキだった友達たちは

歓喜してそれを読んでた。

俺はまだそこまで興味なかったから、

適当に友達がエ口本読んでるのを後ろから

見た後に別の部屋を探索した。

隣の部屋に入ったけど、特に家具とかは

無かったと思うし、押入れがあるだけだった。

俺は何となく押入れの襖を開けた。

そしたら押入れの上段に、小太りのおばさん?

が後ろ向きに、正座をちょっと崩した感じで座ってた。

あまりにも予想外すぎて、恐怖とか疑問より、

その時の俺は「怒られる!」ってパニクった。

でも2~3秒してもおばさんはこっちに背を

向けたままだったので、おばさんは俺に

まだ気付いてなくて、このまま静かに襖を

閉めればバレないんじゃないか、って

思った俺は、静かに襖を閉めようとした。

で、襖に手をかけた瞬間におばさんが突然振り向いた。

今でもはっきり覚えてるが、おばさんの顔がヤバかった・・・。

眼球が無くて、目の部分がぼっこりと黒い穴が開いてた。

口開いてたんだけど、歯もなかった。

そして顔のいたる所から血が流れてた。

俺は叫んで一目散に家を飛び出た。

友達を置いて。

帰り道の道中はよく覚えてないけど、

何とか家まで帰ってきた。

もう走ってる最中ずっと泣きっぱなしだった。

家の前まで来ると幾分冷静になったんだけど、

親に話そうか迷った。

話したら怒られると思ったから。

結局黙ってることにした。

もう友達のことなんてすっかり忘れてた。

で、家帰って、怖いの払拭するためにファミコン始めた。

確かDQ3だったと思う。

俺の家のFCがある部屋には襖がある。

DQしてる途中に、襖の方から音が聞こえた気が

して振り返ったら、襖が少し開いてて、

中からさっきの顔面ぐちゃぐちゃのおばさんが見てた。

俺また絶叫して、台所にいる母親に泣き

「押入れにおばさんがいる!」って伝えた。

母親が俺をなだめた後、

ファミコン部屋の押入れを確認に行った。

もう俺はただただ怖くて、台所で固まってた。

すぐに母親が、「何もいないじゃない」って

言ったから、恐る恐る確認に行った。

母親は襖を開けたまま「どこにおばさんがいるの?

」って聞いてきたけど、おばさんはまだ襖にいて、

眼球ないのに俺の方を見てた。

母親には見えてなかったみたい。

俺はそこで気絶したらしい。

それ以来押入れ(のある部屋)がダメになった。

旅行先の旅館の押入れにもいた時はマジで困った。

今も押入れにまだおばさんがいるのかは分かんないけど、

怖くて確認できない。

てか、したくない。

今まで3回そのおばさん見たんだけど、

見る度に少しずつ押入れから体を

出してきてる気がするから。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます