【怖い話 実話 不気味な話】学校でも有名だった白い女の話。怪奇現象 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 不気味な話】学校でも有名だった白い女の話。怪奇現象 長編

自分は小中高と、全寮制の学校に通っていた。

凄いド田舎で、そこそこに古い学校。

文字通り山の中にある。

トイレの掃除とか凄かったんだ

IMG_2057.jpg


夏が近づくと必ず排水溝とかにゲジゲジって呼ばれてる

気持ち悪い毛だらけの長い虫が潜んでて、

これの退治がもう大変。

狸もよく見かけたし、キジもいた。

そういう場所だから怪談話にも事欠かない。

というか、教師からして結構警戒している節があった。

なんせ、この学校では大分昔とはいえ死者が出てたから。

事件性も何もない、ただの発作らしいけどね。

自分自身も結構色んな体験したけど、

今回話すのは学校でも有名だった白い女の話。

全寮制だから先輩達との距離もかなり近いし、

夜中に集まって怪談話なんてのも結構やった。

小学生の時に編入したんだが、入ったばかりの時に

いた高3の先輩2人(以下A先輩とB先輩)は語り口が

凄く上手いんだ。

ベッドで寝てたら金縛りにあって、

目をあけたらおっさんの顔が覗き込んでたとか、

割とありふれた話でも、その2人の先輩が

話すと怖く聞こえた。

我が寮は5階建てで自分達が使ってたのは4階だった。

5階は掃除もされてないし、自分達が使うまでは

放置されてた建物らしく雰囲気も不気味。

下らない落書きなんかもそこかしこにあって

階段の踊り場まで行って覗き込むことはあっても、

実際に立ち入る程勇気のある奴はいなかった。

だけど、文化祭とかそういうもので、

終わったらもう二度と使わないけど捨てるのも

忍びないガラクタみたいな荷物を仕舞うスペースが

なくなったっていうんで、5階に運び込むことになった。

それをやることになったのは、A先輩達だった。

2人は仲良かったし、真面目だったから、

いつも通りてきぱき頼まれた仕事をこなしていたらしい。

運び込むのは5階に入って直ぐの部屋だった。

ただ、埃が物凄いからってんで、

一旦中断して掃除をすることになった。

部屋だけでなく、この際だから徹底的に

5階全体を掃除することに。

学校が終わったあとの作業だから、

夜19時くらいは回っていたんじゃないだろうか。

異変が起きたというか、異変に出会ったのは、

階段から見て一番奥にある部屋だったそうだ。

寮の部屋はどこも同じ作りで、長方形の両端が

ベッドスペースとして区切られ、真ん中の部分は

勉強机が並んでいて、ドアの真向かいに窓がある。

つまり、扉を開ければ直ぐ窓が見える構造。

当然、5階は使われてなかったからカーテンは

閉まってる。

まず、A先輩の方がその部屋に掃除の為に

箒とちりとりを持って入った。

夜中だから、暗い。

すぐ下の4階の部屋は自分達が使ってるから

灯りが漏れていて、それだけがカーテンを通して

暗い部屋をぼんやりと照らしていた。

入ってすぐに気付いたと、先輩は言った。

閉じられたカーテン、当然床との間には隙間がある。

その隙間に、白い女の両足が見えた。

膝上の、白いワンピースの様な服を着ていたという。

上半身は分からない。

カーテンに隠れている。

だけど、足が見えただけなら不審人物が

侵入していたってオチもあるかもしれない。

そうじゃない。

そこにいたのが人間じゃないという証拠は、

すぐ目の前にあった。

下から漏れた灯りがカーテンを透かして部屋を照らす。

だが、そこにカーテンの後ろに隠れていると

思われる女の影は映らない・・・。

「ああ、人間じゃないな」って気付いてすぐに、

先輩は扉を閉じた。

B先輩が、様子がおかしいことに気付いて

どうしたって声をかけてきたから、

A先輩は自分が見た物をそのまま伝えて、

2人で話し合った結果「夜は入らない方がいい」

という結論に達して、5階大清掃計画は半ばまで

進んだところでおじゃんになった。

先輩達がそんな思い出話をしてくれて、

自分達は顔を見合わせた。

その体験談は話してくれた時の大体2年前くらいの

ことだったんだが、それから、

色んな生徒が結構な頻度で、

白いワンピースの女を見ているのだ。

自分も見た・・・というか、20人くらいは目撃していた。

共通点は、白い肌、白いワンピース、女、

黒髪ロングのストレート。(場合によっては

上半身が見えないのでそれっぽいもの)

日本の幽霊像のテンプレみたいな感じだ。

ただし、ほとんどの場合余り危険を

感じないというのも共通している。

いわゆる浮遊霊みたいなものだと皆が納得していた。

でも、事件は起きた。

学校の裏門を出てすぐの道の向かい側に、

山の中に埋もれた小さな神社がある。

寂れてて、氏子なんて絶対いないような。

神社っていうよりほこらっていったほうが正しい感じ。

長くて狭くて小っちゃい石段を越えると粗末な

鳥居の先にある。

寮生の間じゃちょっとした逢い引き

スポットと化してたんだけど、ある日、

何の気なしに後輩(以下C)がそこに向かった。

ただの暇つぶしのつもりだったんだろう。

その石段の前に白いワンピースの女がいた。

すぐに噂の奴だと気付いて、

Cは目を合わせないように俯いたそうだ。

俯いたら当然相手の足しか見えない。

なのに、何故か、女の視線がこっちに向いたと分かった。

Cは急いで裏門に戻って振り返らずに学校へ戻った。

学校の玄関口に入るまで、

背中をずっと視線が追ってきたという。

その話を聞いて自分も含めてほとんどが、

「あの女なら大丈夫だろ」とCを宥めていた。

今思うと無責任なことを言ったと思う。

Cは確かに、「やばい」と感じていたのだから。

次の日、Cは、4階から飛び降りた。

死にはしなかった。

偶然にも、渡り廊下の屋根の上に落ちたので

クッションが効いたのだと教師は説明していた。

だけど、Cの右腕は肩から切り落とされた。

後日Cから話を聞いた所によると、窓から外を

眺めていた時に、背中から、突然、女の視線が湧いたそうだ。

視線が湧くなんて意味が分からないが、感じたままに

表現するとそうなるらしい。

咄嗟に逃げようとしたが、振り向くことも出来ず、

結果的に、視線に押される様に窓から身を投げたのだと。

その女は今も寮に、特に自分が住んでいた寮の

5階にいると聞いている。

困ったことに、自分の在学中に5階は大幅な

リフォームがされ明るい部屋の並んだ階となって、

寮生達も部屋として使うようになった。

Cの事件以来、後輩には、女を一瞬でも見たら

絶対に近づくな、目も合わせるな、

自分がいることを気付かれないようにしろ、

と伝えるのが、一種の伝統になった。

フェイスブックなんかで後輩の話を聞くに、

あれ以降被害は出てないらしいが、それでも、

女を見る生徒の数は、増えるばかりだ。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます