【怖い話 実話】夜中に彼女と峠道をドライブ 超最恐の話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話】夜中に彼女と峠道をドライブ 超最恐の話 短編

10年程前の話。夜中に彼女と峠道をドライブ。

で、大きめの駐車場があったから立ち寄ったのね。

駐車場には他に車が一台停まってたけど

人は乗っていないみたいだった。

IMG_0549.jpg


「?」と思って辺りを見渡すとどうやら展望台があるらしく、

せっかくなんで行ってみっかと山道を登って行った。

10分程登り、展望台に到着、先客はいないみたいだったけど

特に気にせず彼女とおしゃべりしていた。

ふと気づくと展望台からさらに上に登る道があり、

なんだろうと二人で登って行った。

山道を登っていくと上から一組のカップルが降りてきた。

「すみません、上になにかあるんですか?」と

彼女がカップルに話かけた。

「あ、なんか上にも展望台があるみたいなんですが・・・」

カップルの様子が少しおかしかったのが気になったが、

礼を言って道を登りかけた、

と、そのとき「あの、すみません」カップルのほうから

声をかけられた。

「駐車場に自分とあなたがたの他に車が

停まっていませんでしたか?」

カップルに聞かれたが駐車場には自分らと

カップルのものと思われる車しかなかった。

その事を告げるとカップルが青ざめた。

事情を聞くと先ほど上にも展望台があるのに

気づいて行ってみたが、もう少しで

展望台というところで展望台のほうから

子供の声が聞こえてきたという事だった。

男のほうは先客だと思ったらしいが、

女のほうが絶対に他に車なんてなかったと

言って引き返してきたらしい。

他に展望台に登る道があるとも思えず、

少し興味が出て一緒に確認してみましょうと

提案し展望台まで登ってみることにした。

そして山道を登りはじめたそのとき。

「キャハハハ」

かすかだが山道から子供の笑い声が聞こえた。

声を聞いた瞬間全員ダッシュで山を降り、

そのまま車に飛び乗って山を後にしたが、

山を降りる途中カップルが叫んでいるのを

聞いて心底ゾッとした。

「降りてきてる!降りてきてる!!」

そこには二度と行ってないからなんだったのかはわからん。

山って怖いよね。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます