FC2ブログ

[超怖い話 実話] きつねの襟巻き 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] きつねの襟巻き 長編

超怖い話 実話 長編


私の母は昔から霊感の強い人で、子供の頃から不思議な体験をしています。

もう、何十年も保険をかけていた担当の年配のおばさんが亡くなった時です。

保険のおばさんは、母と仲が良かった事もあり、集金としてよく家へ来ていました。

私が子供の頃から知っているおばさんでしたが、今から4年程前

仕事場から横浜線で移動している最中に、電車の中で心筋梗塞で亡くなりました。

近くにいたサラリーマンの乗客の人が、人工マッサージをしたそうですが

駄目だったそうです。

昔からの知り合いのおばさんなので、私と母がお葬式にいきました。

IMG_1907.jpg

そのおばさんが亡くなってから、1週間程して・・・

母が家の片付けをしていると、見かけない箱が出てきたそうです。

箱の中を開けてみると

” きつねの襟巻き ”

きつねの襟巻きは、きつねの毛で出来ている物で、きつねの格好をしているデザイン。

まだ、亡くなったおばさんが生きている時に

「 きつねの襟巻きが無くなったんだけど、そっちに忘れてない? 」

と電話があったので、母は家中を探したが見つからなかった。

「 こっちには無いよ。 」

と伝えると

「 大事な物だから、もし見つけたら連絡して 。 」

と、言われていたそうです。

母が箱の中で見つけた、きつねの襟巻きは

きつねの毛が全部抜けていて 箱の中に入っていた 


そうです。

母親は、毛が脱毛してしまった きつねの襟巻き をおばさんのいた家に返しにいきました。

箱になんて入れた記憶は全くないのに・・・・

実際に起きた話です。


超怖い話 ランキング ★★★★☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.06.20|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます