【超怖い話 実話 じわじわ来る怖い話】昨日の夜23時の出来事 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 じわじわ来る怖い話】昨日の夜23時の出来事 短編

昨日の夜23時の出来事です。

軽くパニックなんで支離滅裂だったらごめんなさい。

私はオートロックのマンションに住んでいまして

マンションの外で呼び鈴を鳴らした場合、

IMG_2068.jpg


部屋のインターホンのランプは1番が点滅し

マンション内に入って部屋の前で呼び鈴を鳴らした場合、

2番が点滅します。

ここ3週間くらいの話なんですが、

毎晩22:50~23:00の間に2番ランプ点滅の呼び鈴が

鳴ります。 最初は住人の誰かがエントランスの

ドアを開けっ放しにしてて、

その隙にセールスマンか誰かが

入り込んだんだろうと、居留守を使っていました。

もし友達や家族だったら来る前に連絡するだろうし、

用事がある人なら何回もチャイムを

鳴らすだろうということで。

でも毎晩毎晩エントランスが

開けっ放しなんて考えにくいし、

もしかしたらマンションの住人か大家さんかも?

と思って、そーっとドアスコープから

覗きましたが誰もいません。

毎回一回しか呼び鈴を押さないから、

抜き足差し足でモタモタドアに向かってる間に

帰ってしまったんだろうと思い、

翌日は呼び鈴が鳴る前からドアの前で

スタンバっていました。

案の定いつもと同じ時間に鳴る呼び鈴。

すぐさま覗く私。

誰もいない。

あれ?もしかしてオカルト的な何か?

と怖くなった私はすぐさま友達に相談。

真相究明のため、翌日泊まってくれることに。

翌日23:00。

待てど暮らせど呼び鈴は鳴らず。

その次の日もそのまた次の日も鳴らず。

結局友達が滞在してる間は何も起きませんでした。

まぁこれで止んでくれたんだったら

良かったわ~と思ったのもつかの間。

友達が帰ったその夜に『ピンポーン』

いつもは一回だけなのに、その日はチャイムの

連打&ドアを派手に叩く音が。

ピンポンピンポンピンポンピンポンピン

ポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポン

ドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンド

ンドンドンドンドンドンドンドンドンドン

ピンポンドンドンピンポンドンドンピンポンドンドン

もう怖くて怖くてずっと布団にくるまってました。

すごい怖かったのになぜかいつの間にか

寝てたのも不思議です。

その日も翌日もチャイム

連打&ドア叩きが続きました。

2日たち3日たち4日たち、怖いというよりも、

だんだん腹が立つ気持ちが芽生えてきました。

なんの権利があって騒音をまき散らすのかと。

姿も見せないでコソコソコソコソしやがって!

頭に来た私は呼び鈴が鳴った瞬間にドアを

開けて怒鳴ってやろうと思いました。

それが昨日の話です。

昨日、チャイムが鳴ったと同時に

「誰やお前ぇぇぇぇぇぇ!」

と怒鳴りながらドアを開けました。

開けたと同時に空気の塊みたいなのが

すごい勢いで私の横を通過し、

部屋の中に入って行きました。

それはもの凄い突風で思わず

よろけて尻餅をつくぐらい。

空気の塊はそのまま一直線にベランダへと

続く窓ガラスに突進。

ガッシャーンと窓を割って外に出て行きました。

私の怒鳴り声とガラスの割れる音を聞きつけて

マンションの住人たちがワラワラ群がり始めるも、

私はただただ呆然。

そのあと警察に行ったり大家さんに

怒られたりしたんですが、記憶が曖昧です。

今分かっていることは

窓ガラスが割れたことと、

ベランダの柵がグニャグニャに曲がってたことと、

空気の塊が触れた部分に小さい切り傷が

いっぱいあること、

ドアノブが外れたこと、だけです。

一体これはどういうことなのか。

あ、ちなみに今日は呼び鈴は

鳴りませんでした。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます