【じわじわ来る怖い話】突然女性の声で、『何やってるの?』って声が聞こえた 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【じわじわ来る怖い話】突然女性の声で、『何やってるの?』って声が聞こえた 短編

10歳から12歳までの頃の話。

メンヘラって思われるかもしれないけど、

私は常に多重人格の様な体験をしてた。

とはいっても、TVで観る様な別人格が現れるとかでは無く、

IMG_1537.jpg


頭の中で声が聞こえる事がしばしばあった。

声の主は男と女。声の感じは、

若めの成人男女、といった感じだった。

確かにはっきりと(幻聴って言われる

かもしれないけど)聞こえてた。

当時私は中学受験を控えてて、

都内でもよくあるNのバッグの塾に通ってた。

初めて声を聞いたのは、その塾のテスト中だったと思う。

突然女性の声で、『何やってるの?』って声が聞こえた。

私は驚き周囲を確認するも、近くに大人の姿は無い。

すると今度は男の声で、

『お前さー、ツキが聞いてるだろ?答えてやれよ』

って。

月?何のことか分からなかった。

頭がおかしくなったのかと思った。

それでもしつこく『おーい』とか聞いてくるのだが、

もちろん厳しい塾だし、私語なんかしてたら怒られる!

って思っていたので、ずっと無視をしていた。

その帰り道、バスで帰る為に駅まで歩きながら、

あの2人の事を考えていた。

周りの雑踏に掻き消されるぐらいの小さな声で、

「ツキ・・・」って言ってみた。

すると、

『あ、聞こえてたんだね。名前覚えてくれたんだ。

えらいえらい』

とツキ。

この時は冷や汗が出るほど驚いた。

男の方は、無視したことが気に入らなかったのか

怒っていた。

本当に頭がおかしくなったんだと思った。

当時看護婦をしていた母に相談してみたところ、

「また聞こえたら病院に行ってみる?」

って言われた。

”頭がおかしくなった人の病院は怖い”

っていうのが当時の私の印象で、

親にはもう相談出来ないって子供心にそう決めた。

日が経つにつれその現象(幻聴?)にもなれた私は、

気付かれないようにコソコソと、その2人と会話を

する様になった。

何回か話すにつれ、男は『ギンだよ』って教えてくれた。

ギンの性格は短気で、口が悪いが頼れる存在。

当時の私には、心強い兄の様に感じていた。

逆にツキは優しく、何でも知っていて穏やかな

話し方をする女性だった。

私はこの2人が本当に好きだった。

例えばギンは、自分の声が周りに聞こえていないのを

いい事に、

友人の話を『こいつおもしろいな~』って笑っていたり、

私が親に怒られている間は、

『母ちゃん話長いね~』とか煽り、

こっちが笑いをこらえるのに必死だった時もあった。

また、テストの時間、小声で頭のいいツキ♀に

答えを聞こうとし、

ギン♂に怒鳴られるなんて事もあった。

ツキはテストの時間、

『ココは前に○○先生が~』

とか、ちょっとしたヒントをくれた。

なかでもツキの話は、こどもの私でも

興味津々だった。

大半がうろ覚えなのだが、

確実に覚えているものをひとつ。

ツキ『○○(←私)、地球は本当に丸いと思う?』

私 「うん。丸い」

ツキ『本当にそう思う?』

私 「何で?そう教わったし、テレビでも地球は丸いよ?」

ツキ『丸いって言われてるから、

そう思うのかもしれないでしょ?』

私 「丸くないって思ってたのは昔の人でしょ?

ツキは昔の人なの?」

ツキ『教えない。でも○○(←私)には教えてあげる。

地球は丸でも平らでもないわ』

私 「??・・・全然分かんないよ」

ツキ『ごめんね。でもこれだけは憶えておいて。

地球の壁の向こうに私達はいるから』

(ここが非常に印象的だった)

私 「壁?」

ツキ『いつか会いに来てね』

私 「うん。絶対行く。約束する」

ギン『おい、ツキ!もーいいだろ。

そろそろ母ちゃんが飯呼びに来るぞ』

私 「分かった!ふたりとも『シーッ』」

んで即母親登場みたいな。

でも私は、妹にその話をしてしまい、

妹から母親に伝わり、病院へ連れて行かれる事になる。

私は頭がおかしくなってもいいから、

2人とは離れたくなかったので、嫌がって泣きじゃくった。

病院では軽いテスト?

(クイズから絵を見せられたり、

テレビを見て感想を述べたり)

を行ったのだが、驚くべき事に、

その時だけは問題の答え方は、全てギンが教えてくれた。

そのぐらいありえなかった。

結果問題はなく、2人はそれからも私と共にいた。

だが2年ぐらい経ったある日、

毎日会話をしていたのにもかかわらず、

だんだんとギンの声が聞こえなくなってきた。

遠くから声が聞こえるように、小さくしか聞こえないのだ。

私は不安になってツキに聞いた。

ツキは言った。

『あなたが大人になるにつれ私達の声は聞こえなくなるの』

と。

私は大人になんてなりたくないから、

離れないでって嘆願したが、

ツキは『ごめんなさい』としか言わなかった。

ギンの声が消え、そしてツキの声が消えた時、

私は初めて学校を休み、1日中布団の中で泣いていた。

あれから10年以上経つが、あの2人の事をふと思い出す。

今でも誰か別のこどもと、

楽しくお喋りをしているのだろうか。

地球の壁の向こうにいる友達へ、

「ありがとう」とひとこと言いたかったな。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます