【じわじわ来る怖い話】お前の母ちゃんが俺なんだよ!短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【じわじわ来る怖い話】お前の母ちゃんが俺なんだよ!短編

私自身が半信半疑な上、友人次郎がアホな為、

わけわからん出来事をわけわからんまま書いちゃいます。

高校の頃の友人次郎が、大学を卒業して地元へ帰って来た。

(友人と言っても、クラスが同じで軽く話す程度の間柄)

IMG_1505.jpg


『一緒に飯でも食べないか』

といきなり誘われた。

「他に誰か来るのか?」

と聞いたが、

『二人で話したい』

と言われたので、wktkしながら二人で

合う約束をした。 当日、こ汚い居酒屋のカウンターで、

おでんをつつきながら世間話をしていると、

「今日のメインディッシュトークになるんだけどさぁ…」

ちょっとどきどきしながら聞いていたのに出てきた言葉は、

「俺お前の母ちゃんなんだわ」

(意味不明)

思わず口からおでんが出る。

「あ~わかりにくいな、今の。

俺の前世がババァで、お前が息子で、

お前の母ちゃんが俺なんだよ!」

(さらに意味不明)

どうやら、前世で私達は母親と

その息子だった、と言っているようだった。

ある日突然夢に、貧しくもお互い助け合い、

懸命に生きる親子がでて来た(次郎は母親目線)。

それも毎晩。

独裁政治や人種差別や格差社会などなど

散々な目に遭い、

最後は殺されてしまうそうだ。

「お前は俺の息子なんだ!

魂のオーラが一緒なんだよ!!」

と熱弁されたが、私ドン引き…。

ここまでならただのおかしい人なんだが、

次郎が母親として目覚めてからは不思議な

能力がそなわっていた。

カミングアウトしてからと言うもの、

次郎は何かと私にかまいたがり、

(母性本能だそうだ)

何処へ行くにもついて来たがった。

恋愛感情が無いとわかると、正直本当にウザイ。

「腰が冷えるからミニスカートははくな」

「ちゃんと野菜を食え」

だの…

仕舞いには、一人暮らしの私の家に入り込んで、

ご飯や掃除までしてくる始末…。

そんなある日のバイト帰り、

【夜中の田舎道、ガス欠、携帯忘れた】

最悪三拍子の真っ直中、

対向車線から次郎のオンボロ原付がやってきた。

「???なんでこんな所にいるの?」

不思議がる私を見ないで小さなオイルタンクを取り出し、

手際よく私の車にガソリンを入れながら、

「あぁ虫の知らせ、みたいな?」

とだけ言うと軽く説教。

「何でお前はいっつも忘れっぽいんだ!?…グチグチ

(ry 親の顔がみたいわぁ…って俺か!?」

とか言われた。

タクシーに乗って下りようとしたら財布が空っぽ…

目の前に次郎がお金用意して立ってる。

仕事で移動中、

『○○の道は使うな。面倒な事になってプレゼンに

間に合わなくなる』

と忠告電話。

後日、その道でその時間帯、

玉突き事故があった事を知る。

そんな感じで次郎は、

私が困っているとちょうど現れると言う、

予知能力に近い千里眼(私に関して)を持っていた。

正直ありがたかったが、空気読まない次郎は、

友人に真顔で「俺の息子」と紹介したり、

(私の友達には母ですと名乗る)

子供の日に、本気で鯉のぼりを買おうとしたり、

(アパートに取り付けれないので断念してくれた)

いろいろ困る。

今一番困っているのは、私が彼のことが

好きになってしまったと言う事。

告る→「は?ありえなくね?wおれ母だしww」 私→orz

風呂上がりにバスタオル一枚で髪を乾かす、

色仕掛け戦法(次郎はしょっちゅう私の家にいる)

→「風邪ひく!」と説教 私→泣

一緒に寝ようと誘う→「えっマジで(嬉しそう)。

しゃぁねぇな~」本当に何もない… 

朝までwktkした私→orz

どう取り繕っていいかまじでわかんない。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます