【じわじわ来る怖い話】女、ギャンブル、酒、暴力に狂って、隠し子までいた。 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【じわじわ来る怖い話】女、ギャンブル、酒、暴力に狂って、隠し子までいた。 短編

私の父が死んだときの話。

父は私が中学生ぐらいから、

女、ギャンブル、酒、暴力に狂って、隠し子までいた。

そんなこんなで親は離婚して、愛人と暮らしていたらしい。

IMG_1289.jpg


それでも私は小学生のころの記憶もあり、

(父とキャッチボールしたり、楽しかった日々、

仲のよかった両親)

父とは連絡を取り合ったりして、

父のことは大好きだった。 しかし、俗にいうアル中状態。

愛人と隠し子との暮らしも長くは続かなかったらしく、

一人で暮らしていた。

そのころ私は大学を卒業後、地元から離れて暮らしていた。

もう精神的におかしかったのだろうか、

それとも寂しかったのだろうか、

朝昼夜問わず電話をかけてきた。

仕事中であろうとも、

電話に出るまで鳴り続ける電話にうんざりしながら、

「もういい加減にしてくれ!!」

と伝えたが、それでも鳴る電話。

他の知り合いにもかけているようで、

周りは迷惑しているようだった。

そして今年の2月、父は死んだ。

そのときの通夜で、親類全員の携帯電話、

家の電話すべてが鳴った。

着信履歴は全員父からのようだ。

パニックになりながら電話に出たものの、

相手は何も言わない。

全員パニックになりながら、

「もしもし」

「もしもし」

これを繰り返しているが、反応はなにもない。

父の母(ばあちゃん)が、

「○○あなたはもう死んだの。

私ももう年だし、もう何年もしないうちにそっちに

逝くから、寂しがらなくていいのよ」

と言った瞬間、他の電話は切れたようだった。

私の電話は最後に、『幸せになれよ』と言って切れた。

大好きだった父の声に涙が出た。

ほんとは一緒に酒飲んだり、

一緒にドライブ行ったりしたかった。

何でこんなことになったのか。

幸せな家族だったのに、どこで間違ったのか。

そんなことを思いながら、今も父の電話番号は、

俺の携帯の中にある。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます