【じわじわ来る怖い話】俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【じわじわ来る怖い話】俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか 短編

ようやく笑い飛ばせるようになったんで、

俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか。

嫁は交通事故で死んだ。

ドラマみたいな話なんだが、

IMG_1392.jpg


風邪で寝込んでいた俺が、夜になって

「みかんの缶詰食いたい」

ってワガママ言ったせいだ。

嫁は近くのコンビニに買いに行き、

メチャクチャな運転のDQN車にはねられた。

DQNしね。

俺は事故の事を全く知らなくて、

救急車来てるな~と思いながらトイレに立った。

そしたら、台所にいる嫁の背中が見えた。

帰ってくる物音が一切しなかったのに、と思いながら、

「いつ帰ってきたの?」

と話しかけても、嫁の返事はなかった。

「みかんどこ~?」

と聞いても黙ったまま。

(いま考えると凄絶に阿呆だ)

俺は嫁の機嫌が悪いんだ、と判断。

そのまま寝室に戻った。

1時間後くらいに、嫁携帯から俺の携帯に着信。

かけてきたのは病院の人で、

『この携帯の持ち主が事故に遭って意識不明です』

と。

何いってんのか分かんなかったね。

嫁が携帯を落として、拾った人が

事故に遭ったのかと思った。

嫁はうちにいるんだから。

だけど、家中さがしても嫁いないし、

病院の人のいう服装や特徴が嫁と

一致してたんで、

とりあえず、なんかの

間違いだろうけど万が一を考えて、病院に行った。

行ってみたらば、嫁が死んでた。

俺が家で嫁を最後に見た(と思ってた)時、

嫁はもう事故に遭ってて、

俺はその時の救急車の音を聞いてたんだ。

で、その後。

警察が来たり嫁の身元確認をしたり、

俺が熱ぶりかえして倒れたりで1日入院。

駆け付けた嫁の両親と、一旦家に戻った。

そしたら、家を出る時にはなかった

はずの雑炊が、鍋の中で冷めていた。

卵とネギとショウガがこれでもかーと入った、

嫁の味の雑炊。

俺がショウガ苦手なのに、

風邪ひくと必ず食わされた雑炊。

前日に家を出るときは絶対に

なかったはずなのに。

ここまで、俺が缶詰みかんが

食えなくなって、ショウガが好きになった話。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます