【ほんのりと怖い話】2階の病室のおばあさんが外に倒れている。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【ほんのりと怖い話】2階の病室のおばあさんが外に倒れている。短編

看護婦のおかんの話を。

夜勤の時、同僚がめっちゃ慌てて、大変やから来て!!と。

何事かと思い付いていくと、

2階の病室のおばあさんが外に倒れている。

IMG_1425.jpg


看護婦の目を掻い潜ってヨタヨタ歩きの

ばあさんが一人で階段降りれるわけもなく、

間違いなく飛び降り。

終わった・・・と思い駆け寄ると、

意識もあり、かすり傷一つない。

話を聞くと、じいさんが来た。

山の中を一緒に散歩した。

ここから先はお前は来るなと言われ、

押されて転んだとのこと。

そして、じいさんに線香あげなあかん。

線香あげなあかんと繰り返す。

怪我はないものの事故なので家族に連絡し、

説明すると、怪我してないんやったら明後日くらいに行きますと。

同僚と、じいさんがお迎えにきたんやろか?なんて話してたら、

別の同僚が、あそこのじいさんならピンピンしてんで。

ついこの前も家族と一緒にお見舞い来てたわと。

なんじゃそりゃと、婆ちゃん何言よん?

じいさんは元気にしてるやろ?

と諭すも、仏壇にじいさんに線香をと話にならない。

その後、病院にきた息子夫婦に謝罪と、状況を説明。

実はこんなことを仰ってて・・・と伝えると、

驚くと同時に泣きながら、

実はばあちゃんが転落した日にじいさんが急逝したと。

ばあちゃんを退院させるのは無理と思い通夜、

葬式は済ませたと。

ばあちゃんは家族の顔を見るなり、

じいさんはどうした?線香あげなあかんわ!!

と凄い勢いで詰め寄る。

こりゃ隠しきれんと思った家族が事実を伝えると、

最後に会いに来てくれたんやなぁ。

ありがとうありがとう。と泣いた。

始めの頃はじいさんがばあちゃんの

世話してたくらいだったのに、

じいさんが先に逝くとはと家族も驚いたが、

優しいじいさんやったから、

ばあちゃんと順番変わって

あげたんかなぁと話してたそう。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます