【怖い話 実話 ほんのりと怖い話】新卒で就職した会社から転職をしたとき 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 ほんのりと怖い話】新卒で就職した会社から転職をしたとき 長編

今から数年前、

新卒で就職した会社から転職をしたときの話。

新しく働くことになったA社は、

社長の親戚が経営するB社と仲がよかった。

IMG_1641.jpg


行事やイベントのときはAB社合同で行っていて、

そのときに会ったのが、

B社に最近転職してきた華子(もちろん仮名)だった。

私と華子は出社時期も一緒、

しかも名前もほぼ一緒。

華子は鈴木華子(すずきはなこ)

私は鈴木花子(すずきはなこ)

みたいな感じで読み方は同じ。

他にもびっくりするほど同じことが多い。

・血液型同じ、同学年、しかも誕生日が一日違い

・出身県同じ、生まれ育った地域もかなり

近い(マイナーな地区なのに)

さらには現在住んでいる最寄駅も同じだった。

位置は正反対だけど、駅から徒歩5分は一致。

お互いに背中を向けて同じくらいの距離を歩く感じ。

ここまで同じ人は珍しく、すぐに意気投合。

ちなみに見た目はどう考えても華子の方が上です…。

同学年で出身地が近いし現住所も近い、

さらには転職したばかりとあって華子と意気投合。

お互いの最寄駅で食事をすることになった。

驚くほどに気が合って、

お互いに不思議な感じに。

とにかく華子と会って話をするのが

楽しくて仕方がなかった。

それは華子も同じらしく、

向こうから食事に誘ってきてくれた。

気付けば出会ってから

10日で3回は個人的に会っていたほど。

3回目の食事…実質最後に会ったときの会話。

華子の家の最寄コンビニCの

××っていうスイーツがおいしい!

とおすすめしてきた。

お返しにというのは変だけど、

私の家の最寄コンビニDの

××っていうおつまみがおいしいとおすすめ。

お互いの住居から考えると、

お互いの最寄コンビニが近いことになる。

偶然会ったらよろしくね~なんて言いあって

その話題は終了した。

ちなみに季節は冬。

最後に会ってから2日後の深夜2時くらいのこと。

私は華子がおすすめしていたコンビニCのスイーツが

無性に食べたくなった。

とっても寒い日の夜だったので、

いつもならば絶対に行かない。

でも本当に食べたくて食べたくて仕方がなかった。

ここから駅まで5分、

さらにコンビニCまで5分かー。

こんな寒い日に徒歩10分かー。

でも…ものすごく食べたい!

と20分くらいは葛藤していたと思う。

深夜2時半くらい、いきなりチャイムが鳴った。

ビクッとしながら室内のモニターを見ると華子の姿。

華子はラフな部屋着で下をうつむいている。

華子どうしたんだろう?と思ったけど、

そもそも詳細な住所を教えていなかったことに気づく。

大まかな位置は言っているけれど、

マンション名や部屋の番号は言っていない。

ポストに苗字も出していない。

違和感はあったけれども、

華子を無視することもできないので

ドアを開けることにした。

モニター越しに声をかけたけれども、

華子は無言。

そしてドアを開けると、

華子はとびかかってきた。

玄関先に私は倒れる。

寒くて冷たくなった手で思い切り私の

首を締めながら、

「あんたがこうなるはずだった!」

「許せない!」

「返せ!早く返せ!!」

と言いながら震える手でグッと力をこめてくる。

良く見ると華子の顔は真っ青で、

目は片目だけが真っ赤に充血している。

苦しさと驚きが一気に押し寄せてきて、

逆に冷静になってしまった。

このまま死ぬのかなーと感じ、

自然と目を閉じた。

すると急に首周りから華子の手の感触が消え、

馬乗りにされているときの体重も感じなくなり、

目を開けると華子はいなかった。

心配になりエレベーターや

非常階段付近を見回したけれども、

華子はいない。

人の気配もない。

私は部屋に戻って華子の携帯を

鳴らしてみた。

呼び出し音だけで出ない。

とりあえず

「どうしたの?私、何か悪いことをしたら謝るよ」

と連絡したが返信なし。

その晩は華子の冷たい手の感覚が取れず、

まったく眠れなかった。

ちなみにこれは土曜夜の話。

日曜になって連絡をしたら圏外になっていて、

メールの返信も相変らずなかった。

そして月曜日に出社したとき、

朝礼で社長から衝撃的な話を聞く。

「B社の鈴木華子さんが土曜日深夜、

交通事故で亡くなりました」

と。

頭の中が真っ白になり、

腰から身体が沈んで行くような感覚になる。

そのまま私は倒れてしまったらしい。

意識が戻ったのは会議室。

倒れて意識が朦朧としていたが、

そばにいた社長に詳しい話を聞く。

事故に遭ったのは土曜日の深夜2時半ごろ。

場所は~と説明されると、コンビニDの近く。

私がコンビニCのスイーツを

食べたくて仕方がなかったとき、

華子もコンビニDのおつまみが

食べたかったのではないか。

私はぐずぐずしていて出るのが遅れたけれども、

華子は私よりも早く出て事故に遭ったのでは……と。

考えすぎかもしれないが、

本当は私が死ぬ運命だった。

でも華子がその運命を被ってしまった。

だから

「(私の人生を)返せ!」

と最期に私の前に現われたのではないかと。

葬儀関係は身内で済ませるとのこと。

倒れてしまった私の顔は真っ青だったらしく、

気分が落ち着いたらそのまま早退して

構わないと言われたので、

花を買って事故現場までいってみた。

そこにはたくさんの花が置いてあった。

コンビニDのすぐ近くだ。

花を置いて手をあわせる。

涙が溢れ、頭がくらくらしてくる。

もしかして自分のせいで…といった気持ちになり、

その場で泣き崩れてしまった。

何度も

「華子、ごめんね」

と言った。

その日の夕方、電話がかかってきた。

発信主は通知不可能。

こんなのは初めてだったし、

いつもなら無視するのだけれども

そのときは何も考えずに出てしまった。

すると向こうは超早口の声が高めのおばさん。

正直、何を言っているのか分からなかったけれど、

一方的にこんなことを言っていた。

・あなたは気にする必要なんてないの

(強調するように何度も言っていた)

・あの子も反省しているの、混乱していただけなの

・ときには思い出して、いつでも見守っている

といった内容。

どこの誰なのかを聞いても無視、

とにかく言いたいことを一方的に

話されて電話は切れた。

電話の不思議さや怖さよりも、

華子のことなのだろう…と悟り号泣した。

あれから数年が経過した。

私は夫と知り合い猛アプローチをされ、

そのまま結婚。

なんで私を選んだのか分からないほどの相手。

そして夫の仕事の都合でA社を退職し、妊娠が判明。

刺激はないけれど穏やかで幸せな日々を送っている。

今でもこれは華子の人生だったのでは…

と思ってしまうときもある。

私の運命と入れ替わったのでは?と。

なぜこれを書き込んだのかと言うと、

子供が女の子だと分かり、

そのときに夫が候補としてもってきた名前が

「華(仮)」のつくものだったから。

2週間弱くらいのお付き合いだったけれど、

華子は大切な友だちだった。

やはり私と華子の人生はどこかで

繋がっていたのかもしれない。

名前はゆっくり考えていこうと思う。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます