【超怖い話 実話 意味が分かると怖い話】この世の者とは思えぬほどの美貌 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 意味が分かると怖い話】この世の者とは思えぬほどの美貌 短編

およそ1000~1100年ぐらい前の時代だろうか。

「この世の者とは思えぬほどの美貌」を

持ってある姫君が誕生した。

人々は賞賛の声を送り求婚者も相次いだ。

IMG_1470.jpg



姫の両親はこの美しさと若さが

失われることを恐れ自らの命を犠牲に

彼女が永遠に「そのまま」で

いられるようにまじないをかけて不老不死にした。

しかし彼女は両親の行いを心底恨んでいる。





【解説】





『およそ1000~1100年ぐらい前の時代』

となると、平安時代だろう。

そして、この姫君は、

『彼女が永遠に「そのまま」でいられるよう』

と、平安時代から全く変わらない美人像のまま、

死ぬこともなく過ごすことになる。

しかし、平安時代の美人像と現代の美人像は

異なっている部分がある。

平安時代は細目が美人の

象徴とされているらしいが、

現代は逆になっていないだろうか?

『彼女は両親の行いを心底恨んでいる』

死ぬこともできない身体にされたから、

ということもあると思うが、

平安時代で称賛されていた『美人』のままなため、

現代では不毛な扱いを受けているのかもしれない。

『この世の者とは思えぬほどの美貌』

と称賛しかされていなかったからこそ、

チヤホヤされない現代では、

生きている心地がしないほど辛いものなのだろう。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます