【意味が分かると怖い話】クローン技術が一般化していた 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【意味が分かると怖い話】クローン技術が一般化していた 短編

20XX年、クローン技術が一般化していた。主な目的は

臓器等のスペアで、一部の富裕層がそれを利用していた。

クローンは五感を遮られたカプセルの中で育つため、

自我を持つことはなかった。

IMG_1880.jpg


『自我を持たない人間は、人間に非ず』

倫理的にはこう定義されているため、

この育成方法がとられていた。

ある夜、一人の子供が急患で運ばれて来た。

その子供は内臓を損傷しており、

両親はクローンによる移植手術を希望していた。

怪我の原因は、両親が共働きで不在中、

子共達がふざけ合っている内に階段から落ちたらしい。

看護士が急いでクローンを手術室へ運ぶ。

その途中でクローンが目を覚ました。

その瞳があまりにも可愛いかったので、

看護士が思わず、

「遺伝子的には全く同じなのに可哀想…」

「遺伝子ってなあに?」





【解説】





『クローンは五感を遮られたカプセルの中で育つため、

自我を持つことはなかった。』

にも関わらず、

『遺伝子ってなあに?』

と答えているため、自我を持っている。

そして、五感が遮断されていたのであれば、

話すこともできないはずである。

つまり、階段から落ちた子供はクローンではない。

クローンは

『一部の富裕層がそれを利用していた。』

とのことだが、

『両親が共働きで不在中』

と、共に働いていることから、

お金に余裕がないように思う。

仮に富裕層の共働きだとしても、

お手伝いさんくらいはいるものだろう。

(それは偏見なのだろうか…?)

クローンではないのに、

『遺伝子的には全く同じなのに可哀想…』

ということはおそらく双子の片割れ。

『両親はクローンによる移植手術を希望していた』

この双子の片割れをクローンにし、何かを企んでいた?

それとも本当にクローンがいたが、

クローンだと思っていた子供が

本当の子供だったとでもいうのだろうか?

『遺伝子ってなあに?』

内臓を損傷しているにも関わらず、

元気そうに質問をしているのがなんか怖い。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

No title

遺伝子ってなあに?と答えたのはクローンじゃないの?
自我を持たないから人間じゃないし臓器提供させてもいいよね!ってことだったのに
看護師の言葉に答えたことでクローンにも自我がある=人間だった
って落ちじゃないのこれ?

2017-05-19 15:31 from -

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます