【意味が分かると怖い話】残業明けですっかり午前様…短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【意味が分かると怖い話】残業明けですっかり午前様…短編

残業明けですっかり午前様…

仕方なく私は滅多に使わないタクシーを呼び止めた。

運転手は無口で一言も喋らなかった。

そんな空気が苦手な私は何気ない会話を振ってみた。

IMG_0551.jpg


私「景気はどうです?儲かってますか?」

運「いやいや、思っていたより稼ぎがありませんでした」

私「へー…」

運「だからアンタを乗せる事にしたんだ」





【解説】





『運「だからアンタを乗せる事にしたんだ」』

この言葉はタクシーの運転手として不適当な言葉。

稼ぐためならタクシーに乗せないといけないのだから。

『運転手は無口で一言も喋らなかった』

とあることから、

語り手は運転手に行先を聞かれていないことになる。

乗ってすぐに「○○まで!」と言ったのかもしれないが、

反応がないため、運転手からすれば

もしかしたら行先などどこでも良いのかもしれない。

タクシーの運転手ではなく、

『運「だからアンタを乗せる事にしたんだ」』

となると、どこか人気のないところに連れ込み、

金品強奪し、そのまま殺してしまおう、

という魂胆なのかもしれない。

運転手の振りをした強盗がタクシーを

襲ってみたものの、

あまり稼ぎがなかった。

そのため、誰でもいいから強盗してやろう、

と思ったのだろう。

そこで乗ってしまったのが語り手…。

『滅多に使わないタクシーを呼び止めた』

と、あまり乗らないにも関わらず、

たまたま乗ったこの時に限って強盗のタクシーに

乗ってしまうとは…。

きっと語り手はどこに行ってもネタが舞い降りる、

そういう星の下に生まれてしまったのでしょうね。

これを読んで思い出したのが、

仮にタクシーの運転手が道を間違えたとしても、

それまでにかかったお金を請求されるということ。

(人によるのかもしれないが・・・)

友人がタクシーに乗った時、

見知らぬ場所だったため、

「○○まで!」と言って乗り込み、

「これで遅刻は免れる…」と考えていたら

着いた場所が名前の似ている全く別の

場所だったのだとか。

で、急いで目的地に向かうように言ったのだが、

結局遅刻になり入れず。

しかも、ちゃっかり間違った道の分まで

請求されたんだとか。

遅刻で焦っていたから、

「ふざけるな!!」とは思ったものの、

言い合ってる時間もないから

泣く泣く支払ったらしいが…

これも現実にある怖い話の一つかな、

なんて私は思ってしまう。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます