【洒落怖にならない怖い話】「部屋の模様替えでもするかぁ~」 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【洒落怖にならない怖い話】「部屋の模様替えでもするかぁ~」 短編

中2の時に経験した話。

日曜の午後、

俺は何となく

「部屋の模様替えでもするかぁ~」

IMG_2041.jpg


と思い、部屋の模様替えを始めた。

机とか本棚とかを動かし、

ポスターとかも剥がしたりして、

何となくイイ感じになってきて最後にベッドを動かした。

それまで西枕で寝ていたんだけど、

模様替えした部屋では北枕で寝るのが

一番良く思えたので、

その日から北枕で寝る事にした。

その夜、深夜0時過ぎに布団に入り、

明日学校だし、とっとと寝ようと思い目をつぶった。

が、中々寝つけない。

何回も寝返りをうったりしていて、2時頃になった。

ウトウトしていて、

あっ、寝れるな・・・って思った瞬間だった。

急に部屋のドアを

ドンドンドンッ!!!

とすごい勢いでノックされた。

ノックと言うよりドアを叩かれている感じだった。

ビックリして飛び起き、部屋の電気を点けたけど、

ノックはなお続いている。

怖くてどうしようと悩んでいると、やがてノックはやんだ。

悩んだが勇気を出してドアを開けた。

が、そこには誰もいなかった・・・。

次の日の朝、親と弟に

「昨日2時くらいに誰かドアノックせんかった?」

と聞いたが、誰も知らないと言う。

すると、それを聞いていたウチのバアちゃんが

「あんたぁ、変な事したんでないだか?」

と、聞いてきた。

俺は、

「ただ部屋の整頓して、寝る向き海の方にしたくらい」

と言った。

すると、バアちゃんは

「あんたが、北枕で寝とったけぇ、

迎えに来られたんだがぁ」

と、言われた。

北枕は死んだ人が寝る方向とその時知って、

俺は鳥肌が立った・・・。

その日から俺は枕を南枕にして寝た。

っつう経験をしました。

今でもあのノックを思い出すと、鳥肌が立ちます。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます