【洒落怖にならない怖い話】バイク乗りの知り合いから聞いた話。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【洒落怖にならない怖い話】バイク乗りの知り合いから聞いた話。短編

バイク乗りの知り合いから聞いた話。

その人はソロツーリングでの帰り、

夜の中央自動車道をひたすら走っていたそうな。

スピードも制限速度内。

IMG_1646.jpg


まったり走っていたわけだ。

が、何か背中に違和感感じるなぁ・・・と。

その人なりに何かしら異変を感じていたらしいのだが

そういう時って大抵良いことがあるわけじゃない。

マシントラブルにしても、何にしても・・・。

で、頑張ってミラーも見ずに走っていたそうだ。

と、突然覆面パトカーがものすごい勢いで

サイレンを鳴らして

「そのバイク、直ちに停車しないさい!」

と警告されたらしい。

別に速度も何も悪いことしてねーのにナンダヨって

かなり気分を害されたが

まぁ一応は路肩に停車したそうだ。

で、パトカーから数人おまわりさんが降りてきて

その人そっちのけでいきなり周りで

「何か」を探し始めたそうだ。

なんなんだよーって思ってたら、

おまわりさんがその人に詰め寄り、

「おまえ、今タンデムで人乗せてただろ!

しかもノーヘルで!!そいつは何処行った!?」

車とかバイク乗ってる人なら解るだろうが

現状自動車専用道でのタンデム

(二人乗り)は解禁されてない。

それどころかその人はソロで

ツーリングに行ってた訳だ。

もちろん後ろに乗せてた、

そんなヤツは知らない。

「この先気をつけろよ・・・事故多発してんだ」

警官はそう告げて去ったらしいが、

一体彼の後ろに乗っていたヤツは

何者だったんだろう・・・?

警官の話によると、

どうやら女の子がその人にしがみついていたらしい。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます