【怖い話 実話 最も怖い話】駅にあった友人Fのオンボロアパート 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 最も怖い話】駅にあった友人Fのオンボロアパート 長編

大学時代の俺の友人についての些細な出来事

俺とその友人Fは、

東京の郊外にある冴えない3流大学の学生だった。

俺は実家からその大学へと

IMG_1467.jpg


2時間弱位かけて通っていたのだが、

しょちゅう大学の周りにある飲み屋なんかで飲み明かし、

終電を逃して家に帰れずなんて事がよくあった。

そんな時に頼りになっていたのが、大学の最寄り駅から、

3つとなりの駅にあった友人Fのオンボロアパートだった。

そしてこの日もいつもの様に0時近くまで

Fと共に飲み明かしてしまった俺は、

Fに向かって

「スマン・・・今日も泊めてもらっていいかな?」

と頭を下げた。

と、いつもならここでFは

快くOKの返事をかえしてくれるのだが、

今日は何故かFの様子が冴えない。

その上なんとなく俺にあまり泊まりに

来て欲しそうにないような感じを受ける。

そんなFの様子を見て俺は慌てて

「あっ、迷惑ならいいよ。

今夜は駅前のカプホかカラオケBOXに行くから・・・」

と、さすがにこう毎回毎回じゃFにとっても悪いよな、

つい10日前にも泊めてもらったばかりだしと、

今夜はFのアパートに泊まるのは止めにしようとした。

するとFは

「いやちがう、そういう訳じゃないんだ・・・」

と俺を引き止め、

「実は・・・」

と、今F自身の身に起こっているという、

不可解な出来事について語りだした。

「実は、俺、最近あのアパートには

戻ってないんだ・・・」

Fは真面目な顔で

ボソリボソリと話しだした。

「え~!?それじゃ、お前今どこで寝てるんよ?」

と、俺。

「ああ、A菜のとこに・・・」

「じゃあ、ずっと彼女と同棲生活を

送っているってコトか。よかったな」

と、俺は話の展開がまだよく読めず、

取り合えずFを茶化してみる。

するとFは

「そんなお気楽なもんじゃねぇよ」

と、マジに返して来た。

そしてよりいっそう深刻そうな表情になって

こう打ち明けて来た。

「好きでA菜のところに入り浸っている訳じゃネェよ。

・・・俺の部屋、その、なんて言うか・・・変なんだよ」

「変って・・・お化けでもでたのか?」

「・・・よく分からないんだけど、夜中に視線を感じたり、

なにかを引っ掻く様な音が

俺の部屋中に響き渡ったりで、

気味悪くって眠れなくなっちまったんだ」

「ふ~ん・・・よし、じゃあ今夜お前のアパートに行って

その原因を見つけようぜ。

どうせ何時かはアパートに

戻らなきゃならないんだからさ」

俺はこの頃は、まだあまりお化け幽霊等の類いは

ほとんど信じておらず、Fの話も

なんか勘違いでもしたんだろうと

あまり真面目に受けとっていなかった。

そして酒も多少入っていた事もあって

気も大きくなっていた俺は、

ためらうFを無理矢理連れて、

その怪奇現象の起こった部屋の様子を

覗きに行ってみようという事になったのだった。

ギリギリで最終電車に飛び乗った俺たちが

Fのアパートに辿り着いた頃には時刻は

すでに午前1時をまわっていた。

「なあ、おい、本当にヤバいんだぜ・・・」

Fはアパートの前までやって来て、

余計にビビってしまってるようだった。

「な~に、2人で行けば怖くはないだろ」

と、俺はFを励ましながらFの部屋のある

2階へと駆け上がって行った。

このアパートの2階には全部で3つの部屋が並んでおり、

1番手前の部屋は年金生活の

お婆さんが暮らしている部屋で、

一番奥がFの使用している部屋となっていた。

真ん中の部屋には誰も住んでおらず、

大家さんの物置として使われているという事だった。

Fの部屋の前までやって来ると、

さすがにFも覚悟を決めたのか率先して

部屋の扉を開けようと鍵穴に鍵を差し込もうとしていた。

するとその瞬間、突然部屋の中から

「ギチギチ」

と不快な音が聞こえて来たのだ。

「なぁ、なんだこの音?」

俺はFに尋ねた。

しかしFは俺の質問やこの気味の悪い音など

まったく耳に入っていない様子で、

さっさと自分の部屋の扉を開け始めた。

Fが部屋の扉を開けたと同時に

生肉の腐った様なもの凄い悪臭が

部屋の中から流れ出した。

俺はこの凄まじい悪臭や不気味な物音に怯んでしまい、

この部屋に入るのに躊躇してしまったのだが、

そんな俺とは逆に、Fはさっきまでの態度とは一変して

積極的に部屋の中へと入っていこうとしている。

「おい!!F!!どうしちゃったんだ?」

俺はFの態度の豹変ぶりに異様なモノを感じ、

Fの肩を掴んで引き止めた。

しかしFは俺の事などもうすでに

眼中に入ってはいない様で、

俺の手を振り払いどんどんと

部屋の中へと突き進んでいってしまった。

俺はこのままFを放っておく事も出来ず、

仕方なくFの後を追って部屋の中へと

恐る恐る足を踏み入れていった。

部屋の中は電気が灯いていないせいで暗く、

相変わらず悪臭が充満しており、

窓などもすべて閉め切って

ある為かとても蒸し暑かった。

俺はこの暑さと悪臭で気分が悪くなり

今にも吐きそうな気分になっていたが

それをどうにか堪えていた。

しかし部屋の隅に存在していたソレを目にした瞬間、

俺のガマンも限界を超え堪らずに嘔吐してしまった。

ブクブクと肥大化した

まるで臓器のような真っ赤な躯を持つソレは、

一見ホヤを思わせるがその大きさは

全長2メートル以上はあろうかという程の大きさだった。

そしてその臓器の表面は細かい水泡のようなモノで

1面ギッチリ覆われており、

このブツブツ臓器が少しでも躯を動かすと

「ギチギチ」

という不快な音を部屋中に響かせていた。

そんなブツブツ臓器にFは抱きつき、

「・・・ごめんね、ごめんね、ごめんね」

と何度も何度も呟きつつ、

幸せそうな顔でブツブツ臓器の水泡に頬ずりしたり

舌を這わせていた。

ブツブツ臓器はFの愛撫に身を

よじりながらいつまでも

「ギチギチギチギチギチ」

と音を立て続けていた。

この一件以来、

俺はFの部屋には1度も足を踏み入れてはいない。

F自身は時々、大学に現れては

狂った様に体中を掻きむしっている姿を

何人かに目撃されていたが、

いつしかその姿もまったく見かけなくなってしまった。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます