【怖い話 実話 最も怖い話】目の錯覚にしても、リアルな感じがする、短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 最も怖い話】目の錯覚にしても、リアルな感じがする、短編

五年以上も前の話ですが、

俺を含む三人で山本(仮名)のマンションへ

遊びに行ったとき。

そいつの部屋で無駄話とかしていた。


IMG_2139.jpg


タバコの煙をおいだそうと、

山本が窓をあけた。

山本はタバコは吸わないので、

部屋ににおいがこもるって

神経質になっていた。

そしたら、山本は開いた窓辺で

じ~っと立って動かない。

「どうした?」

ってきいたら、山本は

「いや・・・ちょっとあれ」

山本は向かいのマンションの窓を指差した。

たしか、おなじ階の窓だったと思う

(一段下に見えたが)

女の人が窓をあけて、

カーテン越しにこっちを見ている。

別に不思議でもなんでもなかったが、

山本はちょっと変だった。

急に、山本が叫んだ

「おい!あれ!」

俺たちはもう一度窓によってその女性を見た。

「あれがどうした?」

「でかすぎる!」

俺たちはやっと山本が感じていた違和感に気づいた。

「ええ~!」

誰かが叫んだ。

窓の大きさは(アルミサッシ)

人間が出入りできるぐらい大きく、

左右に開かれたカーテンからみても、

その女性の大きさは以上。

頭は24インチのテレビぐらいあることになる。

とっさに窓をしめ、四人で震えていた。

一時間ぐらいして、そ~っと窓からのぞくと、

もう向こう側の窓もしまっていて、

みることはできなかった。

目の錯覚にしても、リアルな感じがする、

めちゃくちゃ怖い体験だった。

山本は今もそのマンションにすんでいます。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます