【最も怖い話】交差点手前で急にエンジン音がおかしくなった 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【最も怖い話】交差点手前で急にエンジン音がおかしくなった 短編

大阪から山口までバイクで帰省していた。

時間は夜11時頃。

途中、交差点手前で急にエンジン音がおかしくなったので

バイクを路肩に寄せて停車した。

IMG_2108.jpg


後ろにいた車は俺を交わして

交差点へ向かって進んでいる。

もちろん青信号。

とりあえず俺はバイクを調べる。

エンジンがかからない。

「うわ~、これじゃ家にカエレねーよ。どーしよ」

とか思ってたら、急ブレーキの音が辺りに響いた。

ふと見ると、交差点へ進入した車と、

交差点の右側から信号無視で

突っ込んできた車があわや衝突!

まぁぶつかりはしなかったんだけどね。

突っ込んだ側はブレーキもかけずに突っ走っていった。

その後なぜかエンジン復活。

原因不明。

もしあの時エンジン音の異常に気づかなかったら、

今頃俺は偉いことに・・・((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます