【最も怖い話】以前ある事務所でバイトをしていた時 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【最も怖い話】以前ある事務所でバイトをしていた時 短編

以前ある事務所でバイトをしていた時

その事務所はフリーの集団に雇われ

社長を置いた形で自由な雰囲気

皆好き好きにラジオやテープ、

IMG_1528.jpg


CD等聞きながら仕事をしていました

ある日

「○○君、○○君!」

と言う呼びかけが

本人は気付いていないようです

「○○君!」

何度も呼びかけられているのに反応がありません

「○○君、呼んでるよ」

「え?聞こえなかった」

「何度も呼ばれてたじゃない、ねぇ××さん?」

××さんは事務の人で

その人が呼んでいたと思っていました

「え?呼んでないよ?」

十数人居た部屋中が一瞬固まったようになりました

ヘッドフォンやイヤホンで

音楽などを聞いていた人達にだけ聞こえていたんです

呼びかける声が・・・・

聞こえていた人は皆、

なんで気付かないんだろうと思っていたそうです

はっきり事務の人の声で

○○君を呼んでいたんです

今思えばその部屋では

人の居ないはずのブロックで鉛筆削りが動き出したり

仕事中急にに後ろからシャツを引っ張られたり

色々な事がありました

不思議な事に当時は恐いと

思っていなかったのですが

今はもうその部屋には入りたくはありません


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

何でこれが最も怖い話なの?

2017-05-26 14:37 from -

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます