【最も怖い話】居酒屋でアルバイトしていました。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【最も怖い話】居酒屋でアルバイトしていました。短編

僕は当時、居酒屋でアルバイトしていました。

建物の造りは、1F駐車場、2F少人数の一般客、

3F大人数用個室、という感じです。

その居酒屋の3Fには、

IMG_1592.jpg


倉庫になっている一室がありました。

トイレットペーパーや、

雨の日に出す傘立てなどがしまってありました。

うだるように蒸し暑い土曜の夜でした。

3Fの片づけを1人でやっていました。

突然その倉庫になっている部屋の中から、

音が聞こえました。

ガンガン、ガンガン!



誰かが中で何かやってるのかな・・・。

きっと他のバイトが

僕を怖がらせようとしてるんだろうと思い、

深く考えずにひょいっとドアを開けました。

部屋の中では首のない体が

仰向けで手足をバタつかせていました。

それはまるで子供が玩具をねだるような感じでした。

一瞬頭が真っ白になって立ちすくみました。

そのとき、ドアの上のほう(部屋の内側)から

女の声がしました。

はっきりと。

「こっちだよ。入っておいで。ほら。

見上げてごらん。」

僕はつい覗き込みそうになっていましたが、

何とか思いとどまりました。

かといって逃げ出すことも出来ず、

まわらない頭でどうしようか考えていました。

声はなおも聞こえてきます。

「ほら。どうしたの?入りなさい。ほぅらぁぁ!」

内側にはのぼれるようなところはありません。

そこにはきっと今暴れている体に付いていた

頭があるんだ。

そう思っていると、

ドアの上の淵から髪の毛が下がってきました。

やばい!降りてくる!

僕はそこでやっと逃げ出しました。

まるで水の中を歩くように足取りは重かったですが、

なんとか階段を下りました。

背後では、

「待てえぇぇぇ・・ぇぉぉ・・・・。」

という声がしばらく聞こえていました。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます