【最も怖い話】まだ人間の幽霊の方がマシだと思ったよ。長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【最も怖い話】まだ人間の幽霊の方がマシだと思ったよ。長編

10年以上も前の大型台風が来た時の話

私はこの時中学生でした。

雨風も酷く家族と一緒に

高台にある公民館に避難したんですが

IMG_1654.jpg


運悪く丁度人が満杯の状態になった時に辿り着き、

無理にでも入ろうにもすでにみっちりな状態で

私達親子と友人一家、あとお隣の老夫婦と

指導員(先生だったかな?)で

さらに上の方にある廃校になった

小学校に行く事になったんです。

小さな学校で体育館もない。

ただそんなに年数もたってなく

風雨は凌げるものでしたが雰囲気は

中学生だった私には最悪でした。

無論怖がりだったからです。

みんなが寝泊りする場所はある教室の一室でした。

選んだ基準は一番綺麗だったからです。

ただしトイレからは一番離れていました。

そして夜も更け、あいも変わらず雨風はおさまらず

けたたましくガラスを打ち付けてましたが、

みんな移動に疲れて眠ってしまいましたが、

何故か私は眠れません。

目を開けてても廊下にある裸電球が

軽く外の様子を写すだけで

聞こえる音もやかましい風の

音だけでしたが・・・・・

しかし、妙な音が混じっているのに気がついた。

パカン・・・・・・・・・・・・パカン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・パカン

なんの音だろう?

と気になってはいましたが

確かめる気にもなれませんでした。

不意に尿意がモヨオシテきてしまい、

みんなぐっすり眠ってるので(中学生てのもあって)

怖いのを我慢してトイレに向かったのです。

あの大して軽快ではない<パカン>と

音が耳につくなかで・・・・・

じっとりしたいやぁな雰囲気の中、

頼りない裸電球の明かりの下トイレに向いました。

するとあのパカンという音がトイレに近づく度に

大きくなっているのです。

私は便所のフタが風で揺さぶられているのかと

思っていましたが、

トイレの前まで来た瞬間そんな

事はどうでもよくなってしまった。

正確に言えば考える余裕がなくなった

言った方が正しい、

トイレの前に佇む人影が目についたためである。

その人影は裸電球を挟んで

私とは反対の位置にいたので

正確な姿はわかりませんが

何故か目だけはハッキリと見えました。

・・・・・「おかしい」

目を見た瞬間の私の正直な感想でした。

それは何故か?

理由は簡単、左目と右目の距離が

どうみても離れすぎている、

しかも頭もかなりでかい。

そして、眺めていると

左目と右目の間隔がさらに開いていき

頭ので大きさも広くなり

そして一気に左目と右目の間隔が短くなって

普通の人間の頭くらいの大きさになり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・パカン・・・・・・・・・・・・・・・・・

例の音がした。

同時に目の前にいるが人で

はない事にも気づいた。

体も金縛りにあったように動かない

目も閉じられずそいつを凝視していると

パカン・・・・・・・・・ズッズッ

パカン・・・・・・・・・ズッズッ

そいつは何かを引きずるような

音を立てながら近づいてきている。

そいつが裸電球の下まで来た時にわかった事は

影ではなく黒い塊に爛々と輝く目がついているのだ。

その瞬間体が自由になり、

唇をかみ締め走ってみんなが寝ている

教室に飛び込んで

親を起こして確認してもらったが

何もいなかったと言うオチ

もともとこの学校には色々なイワクがあり、

嫌だなあと思いつつも避難してきたが

案の定こんな体験をしてしまった。

幽霊というより化け物とか

妖怪みたいな類と思うけど、

ワタシのなかでは勝手に

妖怪「パカパカサン」

と名づけて心にしまっておりました。

まだ人間の幽霊の方がマシだと思ったよ。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます