【最も怖い話】置いてあった女性週刊誌で読んだ話 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【最も怖い話】置いてあった女性週刊誌で読んだ話 長編

俺が子供のとき、床屋で順番待ってるときに、

置いてあった女性週刊誌で読んだ話だ。

ある、とても仲の良い若い夫婦がいた。

仮にダンナの名を健一、嫁さんを由美子としておこう。


IMG_2099.jpg


彼らにはとてもカワイイ娘もいた。

まだ幼稚園に入る前で、年齢は3歳くらい

(名前は「ゆかり」としておく)。

あるとき、由美子は、庭で洗濯物を干しているときに、

急にめまいがしてきて、その場でぶっ倒れてしまった。

健一はそのとき会社に行っていたが、

幸い近所の主婦に倒れているところを発見され、

救急車で病院へ。

知らせを聞いた健一は急いで病院に駆けつけた。

「由美子!しっかりしろ、どうしちまったんだ!」

健一は由美子の手を握り締め、

必死に由美子に呼びかけた。

「ママ、目を覚まして!」

娘のゆかりも父と一緒に呼びかけた。

すると、由美子はまもなくして目を覚ました。

起き上がると、健一とゆかりの顔を

交互に見つめながら、こう言った

「ここはどこ?あなたたち誰?」

それを聞いて、健一はびっくりしたが、

一時的に彼女の記憶が混乱しているのかと思った。

「俺はキミのダンナさんだよ」

健一は由美子に言った。

由美子は健一の顔をジーっと見つめていたが、

やがて叫んだ。

「あ!あんた健一君ね?思い出した!」

良かった、記憶喪失になったんじゃなかったか。

健一は安心した。

続いて由美子は言った

「冗談じゃない、

何であんたがあたしのダンナさんなわけ?」

「おいおい、何言ってんだよ・・・・」

と、健一は言った。

記憶が混乱しているにしても妙だぞ。

俺の名前は思い出してるのに・・・。

「あんたなんか大っ嫌い!とっとと出てってよ!」

由美子は健一に叫んだ。

「ママ、どーしちゃったの?」

と、ゆかりは母に言った。

「お嬢ちゃんだーれ?あたしはママじゃないわ」

と、冷たく由美子は言った・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

検査の結果分かった。

由美子の意識は、どうやら中学生の時に

戻ってしまったらしいのだ。

だから、娘のことを知らないのは無理もない。

しかし、なぜ健一のことは知っていたのだろう?

それは、健一は実は中学のとき

クラスメートだったからだ。

中学生のときから今みたいに仲が良かったわけではない。

それどころか、健一は由美子のことをいじめていた。

由美子は健一たちのいじめのせいで、

胃潰瘍を起こしたほどだった。

中学卒業後、健一と由美子は別々の高校に進学し、

2人が再会したのは、20歳代の半ばごろ、

同窓会のときだった。

再会した健一は、由美子にとって、

以前とは打って変わり、

見違えるような優しい男に成長していた。

たまたま就職先も住んでいる所も近かったこともあり、

2人はやがて付き合いだし、

めでたく結婚して現在に至ったわけだ。

もちろん、由美子は、中学のときのいじめなどは、

完全に忘れているように見えた。

・・・・・しかし、実は由美子は忘れていなかった。

中学生のとき、いじめっ子の健一に対して抱いた憎しみを、

意識の底の無意識の領域にちゃんと保存していた。

それが今回、何かのきっかけで、

表に出てきてしまったようなのだ。

健一はあの手この手で、

由美子の記憶を取り戻そうとした。

嫌がる由美子を連れて、

2人の思い出の地に行ってみたり、

由美子に編んでもらったマフラーを見せたり、

初めてエッチした時のことを語ったりもした。

しかし、エッチの話を聞いたとき、

由美子は激怒して叫んだ

「あんたなんかとそんなことするわけないじゃない!」

「しかし、それやらなきゃ、ゆかりがいるわけないだろ?」

「ゆかりなんて知らないわ・・・」

結局由美子の記憶は元には戻らなかった。

由美子は健一・ゆかりと共に再び暮らし始めたが、

何度も実家に逃げてしまい、

その度に健一に連れ戻されるということを繰り返していた。

ゆかりについても、自分の子供だとは思っていないので、

何やっても叱ったりしないものだから、

やがてゆかりはわがまま放題の子になっていった。

ゆかりの将来を心配した健一は、

由美子との別居を決めた。

ゆかりはむろん健一が引き取ることになった。

しばらくして、由美子と健一は正式に離婚したという。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます