【怖い話 実話 都市伝説】クリスマスツリーの都市伝説 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 都市伝説】クリスマスツリーの都市伝説 短編

何百年も昔の話。人々にとって光はとても大切な存在だった。

電気が無い時代は夜が長くなる。今では考えられないかも

しれないが、夜行性で肉食の野生動物は人間に取って

天敵であって、その動物たちが行動する時間が伸びる事は

IMG_1798.jpg


イコール死のリスクが高くなるという事だったのである。

その時代で生活する人に取って、冬の到来は恐怖で

あった。1年で日照時間が最も短くなる期間がある為で

ある。人々は森の精霊たちに祈りを捧げ、光の力を

熱望する気持ちのあまりある儀式を始めた。

大きなモミの木に、生け贄となる幼い子供をつるし

上げて木を丸ごと燃やしてしまうのである。

この儀式がのちのクリスマス・ツリーの起源と

なったのはあまり知られていない。クリスマスツリーの

ライトや人形が意味するものは・・・。

考えただけで恐ろしい話である。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます