【怖い話 実話 戦慄の恐怖体験談】自殺の名所と言う事は知っていましたが 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 戦慄の恐怖体験談】自殺の名所と言う事は知っていましたが 短編

3年位前の話。私は今でも、

バイク好きで乗ってるんですけど

3年前は俗に言われる、

走り屋って奴だったんです。

IMG_1475.jpg


その時行ってた峠の近くに湖があって、

そこに大きな橋がかかってるんです。

その橋は自殺の名所で、枯れた物や新しい物まで

常に橋の歩道には、花束があったのを覚えています。

で、ある週末の夜私は走り仲間達と飲んでました。

そのうち、仲間の一人が「今から峠行ってみない?」

って言い出したんです。

皆も乗り気で、車にワインやらビールやらを

積み込んで出かけて行きました。

普段は家から峠に向かうのに、

その橋は渡らないのですが

道中でもビールをあおり、ワインを

飲みながら目的地に向かってましたので

捕まらないように、遠回りでも大通りを

避けながら車を走らせてました。

なので、おのずと湖の反対側から来る形となり

その橋を渡ら無ければ、目的地に

着かなくなってしまうのです。

しかし、自殺の名所と言う事は知っていましたが

怖いと感じた事も無く、橋を渡るのに躊躇い等は

特に感じませんでした。

そして橋に差し掛かろうとしたときに、友人の一人が

「小便がしてぇ」と言い出したんです。

そこで橋の脇にあるスペースに車を止め、

皆で用をたす為に車を降りました。

その時、 他の友人(仮にKとしておきます)

が飲み終わった

ビールの空き缶や、空のワインビンを

橋の上から捨て出したんです。

特に私達も止める事などせず、

車の外で暫らくの間話をしていました。

どの位そうしていたでしょうか。

「ドカーン」という凄い音で私達は一様に話を止め、

音のしたほうを振り向きました。

しかし私達の目線の先には、我々の乗ってきた車が

エンジンのかかった状態で止まっているだけです。

「???」皆が何が起こったのかわからずに

いました。

そのまま皆が動けずにいると、

車のフロントガラスの上を何かの破片が

ずり落ちてくるのが見えたのです。

え?何?」とその車の持ち主で、ここまで

運転してきた奴が車に駆け寄り

フロントガラスあたりに散らばった、

破片を拾って皆の元に持ってきました。

それは緑色をしたワインビンの欠片であり、

そのラベルは我々が車で飲んでいた物のでした。

しかしそのビンはKが我々の目の前で、

橋の下に投げ捨てたはずです。

そして、誰が言い出したと言うわけでは

なかったのですが

皆同じ事を考えたんでしょうね。

橋の下にキャンパ-等、人がいたのか?って。

そして、Kがビンを捨てた場所まで行き、

皆で橋の下を覗き込んだんです。

そして下を覗き込んだ私達はもう一度、

一様に黙る事になりました。

橋の下には、湖に流れ込む川が闇の

中飛沫を上げ、

ゴウゴウと唸っているのです。

流れは急であり、人が居るとは到底思えません。

それでも私達は信じられない思いで、

黒い川を見つめ続けていました。

そんな硬直した雰囲気を破ったのが、Kの

「何でここに投げ捨てたビンが、

戻ってくるんだ?」と言う言葉でした。

そして低い声で「やばくないか?」と続けたのです。

それにはその場にいた皆が感じていたことでした。

運転をしてきた友人が「急げ!車に乗れ!」

と発した事により

私達は一目散に車に乗り込みました。

急いで車を発進させ、

その場を離れる事だけを考え

運転をしている友人を「急げ急げ」とせかしました。

そして橋を中腹ほどまで渡ったときでしょうか

車の屋根の上に何かがあたり音がしたんです。

「カツン」「カン」「コン」って。

もう何も言わなくても屋根に何が

当たってるのかわかりました。

ビンと一緒に捨てたビールの空き缶!

それ以外考えられません。

皆酔いなんかとっくに冷め、

真っ青な顔でまんじりともせず、

事が過ぎるのをただただ待つだけでした。

そして橋を渡りきる頃にその音も止み、

我々もほっとする事が出来たのです。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます