【怖い話 実話 戦慄の恐怖体験談】残念ながら作り話じゃないです。オレが経験した実話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 戦慄の恐怖体験談】残念ながら作り話じゃないです。オレが経験した実話 短編

残念ながら作り話じゃないです。オレが経験した実話です。

6年前の阪神大震災のとき、

ホストスナックで働いてた俺は、

そのとき一緒に閉店作業を

IMG_1781.jpg


してたカズってやつと二人で潰れたビルに

閉じ込められた。閉じ込められたというより二人とも

気を失ってて、ふと気が付いたときには、

カウンターにもたれかかるように倒れたボトルラック

の下の隙間に二人並んで寝てた。

例えるなら形のいびつな二人用の

棺おけみたいなもんかな。

俺はカズの「おい!起きろ!大丈夫か!?」

の声で起きたんだけど、二人とも

どうすることもできんので

「爆弾おちたんかなぁ」とか「みんな

死んだんかな・・・」とか異常に落ち着いて話してました。

真っ暗で寒かったけど、全然怖くはなかった。

アタマの中では「俺らが生き残った

最後の人類」みたいに思って

たからかな。何分か何時間か、

ず~っと二人で話してると、ふいに

頭の上でかすかに

「誰かおるかー!」って声が聞こえてきた。

(助かる!!)急に元気になってここに

閉じ込められてることを知らせようと

大声で叫ぶんやけど、

どうやら気づいてくれない様子。

結局気づいてくれないままどっか

行ってしまったんで、どうしようかと考えてると

横のカズが怪我をした足がひどく痛むと

言い出した。最初は俺も「大丈夫か」とか

言ってたんやけど、よっぽど痛いらしく

「イタイイタイイタイ!」とか叫び始めた。

俺は時間の感覚はなくなってるけど、

少なくとも怪我してから数時間経つのに

なんで急に痛がるんやろうとか思いながら、

「大丈夫大丈夫」とか言って励ましてた。

イタイイタイの叫び声がそのうちに「ギャア」

とか「ウオォォ」とかになってきて

冷静だった俺もイライラして

「こんな狭いとこでうるさいねん!

お前は!もうすぐ助かる

からだまっとけや!」と怒鳴ると

「んなもん痛いもんは痛いねん!

お前にこの痛さがわかんのか!」

とかいいながら、全然叫ぶことを止めない。

よっぽど痛いんだろうなとか思いながらも

俺のイライラも限界に達して「やかましいわ!」

と言いながら、そいつの口を手でふさごうとして

(カズは俺の胸の横ぐらいに顔があった)

口に手を当てた。でも動いていない・・・

唇が動いていない。

声は聞こえる。全てを悟った俺はそのあと

救助されるまでずっと泣きながら「大丈夫、

大丈夫」と言い続けました。

3日後カズの実家の滋賀県より両親が

遺体を引き取りに来たときに、

さすがにその話はできなかった。

カズの両親から聞いたんやけど、カズは

首の骨を折っていたそうです。(恐らく

ボトルラックがあたったのかも)

あと左足が電子レンジの下敷きになって

骨が飛び出ていたそうです。両親曰く

「警察が言うには首折って即死やったから、

苦しい想いはしてないみたい。それが救いやわ・・・」

何も言えませんでした・・・地震直後に

即死してたというのを聞いてから

実は全く非科学的なことは信じない俺は、

カズと話してたのもカズが叫んでたのも

俺の精神的な疲労による幻聴だろうと思っていました。

でも俺を助けてくれた人たち

(警官一人、ビルの管理人、

通りすがりの兄ちゃん二人)

によると、この下に人がいるって

気づいたのは、カズの叫び声が

聞こえたのだそうです。

もう一つあとから思い出して

気になったのが、叫び始める前に

カズと話してた内容。

やたらと昔話をしてました。そんときは

「こいつこんなときになにをゆうとんねん・・・」

とか思ってましたが・・・


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます