【戦慄の恐怖体験談】10年程前父の田舎へ行きました。N県の山中 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【戦慄の恐怖体験談】10年程前父の田舎へ行きました。N県の山中 長編

10年程前父の田舎へ行きました。N県の山中です。

従兄弟達と夜はお約束で怖い話になりました。

そろそろネタも尽きてきた従兄弟の

お兄ちゃんに私がもっともっととせがむと、

IMG_1983.jpg


「実はお隣の奥さんの話なんだけど・・・」

と話そうとしました。

そのとたんその従兄弟の妹が、

「お兄ちゃん、その話やめな!!」とどなるのです。

こうなったら聞かないわけには行きません。

しぶしぶ話してくれた内容はこうでした。

この家の近くの山の中に、

忘れられたようになぜか、お地蔵さんのように

お稲荷さん一匹ありました。

そのお稲荷さんに一番近くに家のあった

隣の家の奥さんが、ヒマを見ては掃除をしたり

こまめに世話をしていたそうです。

そのうち情が移ったのか、

「一匹ではかわいそうだ」といいだし、

ふもとの町の大きな稲荷神社に

引き取ってもらうことになりました。

ところが同じ狐にもいろいろ階級があるらしく、

そのお稲荷さんはふもとの稲荷神社より

階級が低いからという理由で

もとあった場所に戻されてきました。

それを奥さんは「かわいそうだ、

寂しいだろうに」と不憫がって

よりいっそうお世話をしました。

そのあたりからです、

奥さんがおかしくなり始めたのは。

油揚げを尋常じゃないほど買い込んだり、

一日中そこに入り浸ったりしてました。

さすがにおかしいと思ったご主人が病院に

連れて行ったんですが以上ナシで、

その帰りに奥さんはふらりといなくなり、

翌日山の中の景色のいい所で

ぼんやり座っているのが見つかりました。

わけのわからないことをぶつぶついいながら。

で、今度はお坊さんを呼ぶことにしました。

そう奥さんに伝えると、

奥さんはそのまま又いなくなりました。

今度は近所のみなで探しても、

警察に言っても見つかりませんでした。

ご主人はわらをもつかむ思いで

霊媒師の人に相談した所、

「奥さんは家の半径5キロ以内にいます。

でも何かピョンピョン飛ぶものに

連れて行かれています。おそらく動物では

ないかと。」といわれたそうです。

霊媒師の人にはお稲荷さんのことを

言っていなかったのに。

最近ではご主人のほうも少しおかしくなってきて、

お稲荷さんの世話をしだしたそうです。

うちのおばあちゃんが声をかけても、

「うちのヤツは狐さんが守ってくれているから。」

と、遠い目で言ったそうです。

その後どうなったかは知りませんが、

お坊さんの着ている袈裟は狐や狸よけの

意味もあるそうですね。

後むやみやたらにお稲荷さんを

拝むとついてくるというそうです。

投稿大募集中


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます