【心霊・怪談】スイス・リーが2013年9月にまとめた「自然災害リスクの高い都市ランキング」 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【心霊・怪談】スイス・リーが2013年9月にまとめた「自然災害リスクの高い都市ランキング」 長編

スイスの再保険会社スイス・リーが2013年9月に

まとめた「自然災害リスクの

高い都市ランキング」で、

東京と横浜が世界1位となった。


IMG_2150.jpg


これは世界の616都市を対象とした調査で、洪水、地震、嵐、

高潮、津波などで被災する人の数を推計したもの。

トップ10位内の大半はアジアの沿岸都市が占め、

地震や洪水のリスクが高いという結果となった。

日本では東京・横浜のほかに、大阪・神戸が5位、

名古屋が6位だった。

ちなみに日本以外では、2位がマニラ(フィリピン)、

3位が珠江デルタ(中国)と続き、アジア以外の都市では

ロサンゼルス(米国)が唯一9位に入っている。

■なぜ、横浜がワースト1位に?

東京と横浜が不名誉な1位になった理由については、

大地震が発生すれば約2,900万人が影響を受ける

可能性があるためとしている。

大阪・神戸については、激しい暴風雨や河川の氾濫、

津波のリスクが高いとされ、名古屋は近くに活断層が

あることや、津波・暴風雨のリスクがあるためだそうだ。

海外のメディアでは、安倍首相が2020年夏季オリンピックの

開催都市を決めるIOC総会のプレゼンテーションで、

「東京は世界で最も安全な都市のひとつです」

と語っていたにも関わらず、実は最もリスキーな

都市だったと、皮肉混じりに報じている。

このようにリスクが高いとされる状況で、果たして

東京オリンピックを見に行こうという人が海外で

どのくらいいるのだろうか。

■首都直下地震が起きたらどうなる?

昨年12月に発表された国の有識者会議の想定では、

東京でM7以上の首都直下地震が発生する確率を、

30年以内で70%としている。

「都心南部直下地震(M7.3)」の想定では、

最悪の場合、死者2万3千人になり、経済被害が

約95兆円に上るとしている。

東京湾岸を震源域とする「関東大震災タイプの地震

(M8.2)」の想定では、被害はさらに拡大し、

死者7万人、負傷者24万人、建物全壊・

消失133万棟としている。

・南海トラフ地震でも大きな被害が!?

首都圏に大きな被害をもたらす地震は、

首都直下地震だけとは限らない。

東京都が昨年5月に発表した南海トラフ地震の

被害想定では、M9クラスの地震が発生した場合には、

大田区や江東区などの一部で最大震度6弱、

その他の地域でも大部分が震度5強となると

予測している。

津波の高さでは、江東区・中央区・品川区・

港区などで2~2.5メートルと予測しており、

水門が閉鎖されていれば堤内域へ浸水しないために

人的被害はないとしている。

■巨大地震はいつくるのか?

だが、東京湾に津波をもたらす地震は、

南海トラフだけではない。

3.11や阪神淡路大震災などさまざまな

地震予知を的中してきて琉球大名誉教授・

木村政昭氏が予測する伊豆小笠原諸島の

「スーパー巨大地震」(M8.5)では、津波は

もっと高くなることが予測される。

木村氏は、「木村政昭ホームページ」で、

この地震を「2012±5年」と予測しているので、

2017年までにこのような大きな津波を伴う

巨大地震がくるかもしれないことになる。

木村氏は、4月1日に発生したチリ・イキケ沖の

M8.2の地震について、「週刊実話」の取材に

「1950年以降を見ると、ナスカプレートの東端で

大きな地殻変動が発生した数年後には、例外なく

太平洋プレートの西端や北端で巨大地震が

発生しているのです」(『週刊実話』2014年4月24日特大号、

日本ジャーナル出版)と語っている。

今から数年後といえば、ちょうど上記の木村氏が

予測する「伊豆・小笠原諸島スーパー巨大地震」

の予測範囲と重なるではないか。

想定される震源域は本土からかなり距離が

あるため、東京での地震による被害はそれほど

甚大ではないとしても、大津波が懸念される。

■銀座が水浸しになる被害も!?

3.11を予言した予言者・松原照子氏は、

2013年9月19日のブログで、「銀座が水浸し、

こんな映像を見てしまってもいます」(松原照子、

ブログ「幸福への近道」2013/09/19より)

と書いている。

これがもし台風だったとしても大変なことだが、

津波だとすれば、もっと大変だろう。

東京湾岸は高さ3.5メートル以上の防潮堤があるが、

東日本大震災クラスの大津波に襲われれば

役に立たない。

大手町、丸の内、有楽町、内幸町、

銀座の約半分は、標高3メートル以下の低地なのだ。

松原照子氏は、五輪招聘の関係者から五輪は

東京に決まるかと聞かれ、間髪を入れずに「ない」

と答えてしまったという。

果たしてそれは、首都直下地震なのか、

富士山噴火か南海トラフ地震なのか、または

木村氏が予測するスーパー巨大地震なのか。

いずれにしても、松原氏の懸念が

現実になってほしくないものだ。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

は?
昔から言われてる事で今更何故怯えるの?
大阪は湾になってるしいきなりの津波の被害はないけど津波の余波はもちろんです
大阪は馬鹿みたいに川が異様に多いので
市内中心部まで津波到達は1時間30分から2時間だと川を遡ってくると小さな頃から教えられてる
多分、日本人は被害大小か変わらず自身の街にくる予想は昔から普通だわ
知らないで書き込んでんの?
日本人じゃないの?
自然災害とはお友達
4歳の息子ですら地震にあった時の対処法と落ち着いてパニくらいない、先生の指示に沿って高い丘に行く
「先生は大人だけど先生も怖い」
避難訓練後に言ってた。
私は息子を誇らしく思ったし日本人って強くならなきゃいけない星の元、日の元に生まれたんだとわかった。
クズみたいな文章載せるなクズ

2017-05-16 02:16 from -

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます