【心霊・怪談】グレていて不良と呼ばれる部類の人間でした。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【心霊・怪談】グレていて不良と呼ばれる部類の人間でした。短編

皆さん長くなりますが聞いてください。私が中学校の頃の話です。

私は中学校の頃、

グレていて不良と呼ばれる部類の人間でした。

理由は家庭環境が悪かったのも原因があります。

IMG_2315.jpg


2歳の頃から祖父と祖母と三人で生きてきました。

両親は母が亡くなり父は再婚して私を

残したまま再婚して別居でした。

父とはあまり面識が無かったのですが、

私が中三の時にコンビニの店長になり隣町で

働く様になりました。

夜遊びや不登校を心配してか週に2、3度

仕事帰りに泊まりに来るようになりました。

最初は今更、親父なんかウぜーよ!なんて

思ってましたが、やはり親子。

毎晩朝の2時に帰る父が待ちどうしくなってきたのです。

無口な父でしたが初めて親子の会話というのを

体験し今までにない生活が正直うれしかったんだと思います。

そしてもう一つ楽しみがあり、父が毎晩ロスといって

売れ残りの弁当や食料を大量に持って来まして

金無しで夜遊び私には最高のプレゼントでした。

その晩は悪友とバイクを乗り回し疲れて家に

着いたのは午前2時過ぎでした。

普段通りに父を待っていました。

しかし、その日に限って3時を回りますが父が

帰って来ません。

たまに荷物の搬入なんかで4時や5時といった

事もあったので茶の間でゴロゴロしながら、

そして腹もゴロゴロ言わせながら待ってたんです。

3時半頃でしたでしょうか。

玄関のドアをコンコンと叩く音が。

「帰ってきた!!」

茶の間から一目散に玄関へ向かいました。

ドアを開けると父でした。

しかし父では無いような・・・。

あの気味の悪さは未だに忘れません。

顔色青く視線は一点を見つめたまま。

疲れてるんだろうな、そう思い「顔色悪いよ?

なんかあったの?」と、話しかけても反応が無いのです。

私は子供心に大人は色々あるんだろう・・・なんて

ませた事を考えながら冷蔵庫の瓶ビールを

開け一杯注ぎ父へ出しました。

父は無言で飲み干すと立ち上がりトイレへ。

私は今日のロスを確認しました。

珍しく刺身類が。

スパゲッチは明日起きたら食べよ、

なんて考えてましたら父が10分以上経つの

にまだトイレから戻りません。

なんだか心配になりトイレのドアをノックします。

「大丈夫!?」

しかし「コンコン・・・」とノックが返って来るばかり。

なんなんだよ!

そう思い茶の間に戻ろうとした時。

「開けろ!おーい!」

『ドンドン!!』

玄関を叩く音が!!

ええ!?親父!?

なんで玄関に!?

急に心臓がバクバクしましたよ!

「は、はい!!」

おそるおそる鍵を開けます・・・

『ガチャ』

・・・父でした。

そこにはいつもの父が先程と同じ服、同じ髪で立ってました。

もーわけわからんでしたよ・・・。

「だって!さっきトイレに!」

慌てた私を見て父が「この野郎!シンナーやってんのか?

息吐いてみろ」なんて言うんですよ!

いくら悪ガキだからって薬物は一切やってませんでした。

私は急いで父を無理矢理引っ張りトイレに行きました。

何故か内側から鍵が掛かってました。

私は混乱して泣き出し父に全部話しました。

最初は冗談半分に聞いていた父もさすがにロスの

袋を開ける前に私が刺身にナポリタンその他、

全部当てたのにはビックリしてまして、さらに

最初の父が飲んだビールは座布団に染み込んでました。

夜明けを待ち鍵の掛かったトイレを祖父と父で

裏側の換気窓を外し鍵を外しました。

後日談になりますが法事の時、和尚さんに

聞きましたら、父の魂だけが先に帰って

来たそうです。俗に言う生霊体験でした。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます