【心霊・怪談】苛々しながら服を来て玄関を開けると、子供が立っていた。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【心霊・怪談】苛々しながら服を来て玄関を開けると、子供が立っていた。短編

午後10時ぐらいだったと思うが、風呂に入っていたら

ピンポンが鳴った。「ったく誰だよ。風呂入ってますよ僕は・・・」

と思いながらも、玄関に出る為にあわててパンツやらを

履いているとやたらピンポンピンポン連打している。


IMG_1642.jpg


苛々しながら服を来て玄関を開けると、子供が立っていた。

俺「どしたの僕?どこの子?」

子供「ねぇ入っていーい?」

俺「なに言ってんだよ。だいたい今10時過ぎてんだよ?

どこの子よ?」

気持ち悪い子だと思ったが、風呂を邪魔された

怒りのほうが強く、どこの子か突止めようと思った。

子供「えー。だってお母さん来てるんでしょ?」

俺「お兄ちゃん一人で住んでるし、誰も居ないから。

違う家と間違ってないか?つーかお母さんは誰の家に

行くって言ってたんだ?お兄さん連れてってやるよ」

このガキの親に一言かましてやりたかったからね。

子供「お兄さん○○さんじゃないの?」

俺「そうだよ?お母さんが俺ん家に行くって言ったのか?

僕名字は?」

子供「○○だよ」

俺「○○さんなんて知らねーよ?からかってんの?マジ怒るよ?」

黙る子供。

怒るよと言ったが、文面のとおり最初からムカついてた。

夜に知らないガキが来る気持ち悪さ、しかも俺の

名字は知ってるわで恐怖なんだが、それよか怒りの

ほうがグングン沸き上がっていた。

俺は靴を履き、玄関から出て子供に「まず君ん家に

帰ろうや。俺送るから。親に言いたい事もあるし。

で、どっち?」

素直にあっちと指差す子供。

俺は道を聞く以外の声は発せず、黙々と歩いた。

かなり歩き、子供の指示した家に着いた。

言葉が出なかった。

その家は廃屋で、昔友達と肝試しに来た家だった。

勿論人が住めるような状態じゃない。

ハッと横を向くと、子供は居ない。

恐怖で全速力で走り逃げ、携帯を持って来ていた

俺は走りながら肝試しした友達の一人に電話をし、

すぐ皆を俺の家に来るようにと伝えた。

一時間もしないうちに、3人全員集まってくれた。

俺が事情を話すと、そのうちの一人も昨日子供が

来たが、ドアを閉め追い返したという。

皆驚愕したが、これは何かあると話し合いの結果、

次の日の明るいうちにその家に皆で行こうという事になった。

中には嫌だと言う奴も居たが、4人のうち2人の

所に来たんだからいずれ来ると説得した・・・。

まぁ人数少ないと怖いからね。

そして当日の昼過ぎ、誰一人欠ける事なく集まり、

裏の壊れた勝手口から入った。

昨日の出来事もあった為、昼間でも

ガタガタ足が震えるくらい怖い。

奥へと進み、皆同時に「あああ!」と声が出た。

居間の壁にマジックで俺ともう一人の名前。

勿論俺達が書いたもの。

子供が来た原因はこれだろうと思った俺達は、

壁の文字を消すシンナーと供養の為の花を買いに

一度街に出、またそこに戻り文字を消し花を

居間の真ん中に置いた。

そして声を出して謝罪してその家を後にした。

不思議なのは、その家はそんなに古くなく、

人が死んだという話もない。

子供の服装からしても、最近の子供が

着ているような感じの服だった。

その日まだ恐怖感と疑問で4人で夜中まで過ごし、

そのことを話していた。

結局、あそこまでしたんだからもう何もないだろうと

言う事になり、皆解散。

「もう来ちゃ駄目よ・・・」と女の声が聞こえたのは

眠ってから夢の中でのこと。

恐らく母親だろうね。

でも、その日から一応何もありません。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます