【心霊・怪談】4月1日(日本時間2日)にチリ・イキケ沖で発生したM8.2の巨大地震 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【心霊・怪談】4月1日(日本時間2日)にチリ・イキケ沖で発生したM8.2の巨大地震 長編

■「46分」の謎

4月1日(日本時間2日)にチリ・イキケ沖で

発生したM8.2の巨大地震は、6人の死者を出し、

ハワイや東日本各地に津波をもたらした。

IMG_2604.jpg


この地震が発生した20時46分(現地時間)という時刻が、

一部のネットユーザーの間で話題になっている。

というのも、東日本大震災の発生時刻である14時46分と、

同じ「46分」に起きているためだ。

これだけならば、単なる偶然の一致と誰もが思うだろう。

だが、それだけではない。近年発生した以下の大地震・

大事件が、不思議と「46分」に起きていたのだ。

・1995/01/175:46→阪神淡路大震災M7.3

・2001/09/118:46→米国同時多発テロ

(WTCビル激突の時刻)

・2011/03/1114:46→東日本大震災M9.0

・2014/04/0120:46→チリ地震M8.2

このように、日本に甚大な被害をもたらした2つの

大震災と、米国同時多発テロ、そして今回のチリ地震が、

いずれも「46分」に発生していることは、単なる偶然とは

考え難いものがある。偶然にもすべて同じ「46分」に

起きる確率は、限りなく低いのではないか。

■「11」の謎

「46分」の一致以外に、頻繁に見られる「11」という数字も、

陰謀論を好む人々の関心の対象となっている。

米国同時多発テロで、アメリカン航空11便が、

110階建てのツインタワー北棟に激突したのは、

NY時間の2001年9月11日8時46分のことだったが、

ご覧のとおり「11」の数字が実に3度も出現している。

東日本大震災が起きたのは2011年3月11日、と「11」の

数字が2度出現。阪神淡路大震災も1月17日に発生と、

見方によっては「11」が含まれている。

このような「11」という数字の頻発も、単なる偶然として

片付けてしまって良いのだろうか。もはや、前述の「46分」や

「11」という不思議な一致を説明する手段は、以下の

2通り以外にないのではないかとさえ思えてくる。

(1)すべて偶然の一致にすぎない。

(2)4件の出来事がすべて

「あらかじめ仕組まれたもの」だった。

仮に(2)であるとした場合、地震という自然災害が、

「実は人の手によって起こされたものだった」

と考えざるを得なくなってしまう。

そのため、陰謀論を好む人々の間では、

先に挙げた地震が「人工地震」だったのではないか、

という説がまことしやかに語られるようになった。

■「人工地震」などあり得るのか!?

では、3年前の東日本大震災が「人工地震」だった

ということが、実際にあり得るのだろうか。恐らく、

その可能性を肯定する地震学者は皆無だろう。

しかし、「人工地震」という仮説自体は、まったく

根拠の無いものではない。

過去に各国で行われていた核実験では、

大地震に相当するエネルギーの人工的な地震が

起きたケースもあるのだ。

■核実験が地震を起こす!?

例えば、1973年に旧ソ連・ノヴァヤゼムリャの

北島で実施された最大級の地下核実験では、

M6.97の地震に相当する揺れが発生した。

また米国が1971年にアラスカのアムチトカ島で

行った地下核実験では、M7.0相当の揺れが

記録されている。

もっとも「M7.0の人工地震を起こす」のと「M9.0の

人工地震を起こす」のとでは、実現の可能性が

まったく異なってくる。というのも、マグニチュードが

2つ大きくなると、地震の規模は1000倍になるからだ。

ちなみに、広島に投下された原爆はM6程度のエネルギーを

持っていたと言われるが、3.11と同等の地震を

起こすには、この3万2千倍相当の原爆が必要という

計算になり、現実的にはあり得ない話ということになる。

現在の科学では、「M9.0規模の地震を人工で

起こす方法など存在しない」とされるのは当然だろう。

仮に3.11が「人工地震」だったとしても、

地震の前に報告された様々な前兆現象の説明が

つかなくなり、この点でも陰謀論者はもっともな

説明を求められることになるだろう。

■未だ多くの謎が残っている

だが、「人工地震」説が否定されると、先に述べた

大地震・大事件の発生時刻が奇妙に一致することや、

頻発する数字の謎は、一体どのように

説明できるというのだろうか。

ちなみに、2011年に全米公開されたアクション

映画、「世界戦略:ロサンゼルス決戦」では、

宇宙人が地球に攻めてくる日時が、「2011年4月11日の

4時46分(グリニッジ標準時)」と設定されており、ここでも

「46分」と「11」が出現している。

さらに、この映画の封切りは3月11日だったのだ・・・。

スタッフが意識的に行ったのか、それとも、無意識に

「46」と「11」を並べてしまったのか。いずれにせよ

謎は深まるばかりである。

果たして、これら全てを「偶然の一致」という安直な

説明で片付けてしまうことは妥当なのか。不可解な

現代のミステリーを説明できる人の

登場を待ちたいところだ。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます