【一番怖い話】「また殺したんか、俺たちも殺されるわ!」短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【一番怖い話】「また殺したんか、俺たちも殺されるわ!」短編

動物霊をご存知だろうか。その名の通り動物の霊なの

だが、民間伝承でもよく知られているものは狐狸の類であろう。

これらに限らず、特に畜産や水産に

関わる動物への信仰は強く

IMG_1352.jpg


墓や碑も多く存在する。

これは、その動物霊に関する話である。

私が幼少時代に育った村では当時から米や

果物の生産が盛んだった。

今でこそ極力殺傷は控えるものの、

その農作物を荒らす猿や猪を駆除することがあった。

そして、小高い山の上には猿の墓と碑があった。

我々は、その山を『山西の山』と呼んだ。

その理由は、そこを管理しているのが神事関係者で

はなく、農民の山西一家であったからだ。

(供養は、年に一度神社の神主が担当する。)

山西家では、息子の正太郎が小学校中学年になると、

猿の埋葬の一切を彼に任すようになった。

正太郎は、私の同級生であった。

彼は猿の死骸が出ると、それを持って

山西の山に登っていった。

時には、罠によって頭部が潰れ脳味噌が

飛び出したものや、腸がだらんと垂れたものを

担いでいった。

猿と人間で差異はあるとはいえ、形や構造は

まるで変わりないので、正太郎はガキ大将の

俊介とその取り巻きにいじめられるようになった。

彼が、また猿の死骸を担いで山西の山に

向かっている時だった。

「や~い、猿殺しの正太郎!」

「また殺したんか、俺たちも殺されるわ!」

「寄るな寄るな!」

正太郎は、ただ黙って山に登った。

そんな時期から、彼は変わってしまったように思う。

「おい、猿殺し!」

俊介が正太郎の首を捕まえて因縁をつけていた。

「ギャー!」

正太郎は急に奇声を発し、口を開いて威嚇した。

その姿はまるで猿のそれであった。

驚いた俊介はその手を放し、後ずさった。

正太郎は、なんと四つん這いで走って逃げたのである。

それからというもの、正太郎の奇行は村で

知られることとなった。

ある時は道を歩く老人に飛びかかり、

ある時は掃除に使うバケツの水を異常に怖がった。

正太郎は学校に来なくなった。

そして、猿の埋葬にも行かなくなったようだった。

噂では、お祓いも試したそうだが、「強い動物霊が

憑依している」とのことで、手の施し様がないのだという。

ある時、俊介たちが山道を歩いている時だった。

道の端のしげみに、正太郎がいるのだ。

俊介は正太郎の奇行をよく知っていたので、

相手にするつもりはなかった。

しかし、取り巻きの一人が言い出した。

「じゃんけんで負けたやつが、

正太郎にちょっかいを出そう。」

負けたのは俊介であった。

俊介は気付かれないように正太郎に近づくと、

後ろから軽く小突いた。

すると、正太郎が急に振り返り、「ギャー!」と

叫び俊介に飛びかかった。

正太郎は頭に噛みつき、顔面を爪で引っ掻いた。

血だらけになった俊介を見た取り巻きは

必死の思いで逃げ出した。

しかし、この時の正太郎の執念は異常であった。

背を向けた俊介に飛びかかると、

何度も爪を立てたのである。

それでも俊介はなんとか逃げ延びられた。

ただし、いじめの代償は大きく、彼の左目に光が

差し込むことはなかった。

この事件をきっかけに、山西家は

当時では珍しい精神科医に診せるという

名目で、どこか違う土地に越していった。

それから、数十年たった今、正太郎のことを

記しているのには理由がある。

当時、俊介の取り巻きであった一人が亡くなったのである。

首を噛まれ死亡しているのが発見された。

警察は猟奇殺人として捜査している。

正太郎が生きていて、我々に

復讐しているとは考えたくない。

あの時、私が「じゃんけんで負けたやつが、

正太郎にちょっかいを出そう」などと

言い出さなければ、こんなことに

ならなかったのだろうか。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます