【一番怖い話】ひと昔前に読んだ新聞記事。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【一番怖い話】ひと昔前に読んだ新聞記事。短編

ひと昔前に読んだ新聞記事。]

一部うろ覚えなんですみません。

正月のとある町で、菓子パンを

万引きした子供が捕まった。

IMG_1566.jpg


その子は薄汚れた格好に疲れ切った表情を浮か

べており、見るからにただならぬ様子だったという。

ただちに身元を調べたところ、隣県の児童福祉施設に

入所中の子と判明した。

それも年末に無断で抜け出し、行方不明になっていたという。

調べに対してその子は、「自分もお正月は家で過ごし

たかった」と話した。

彼は両親の離婚後、父方に引き取られたものの

施設に預けられ、面会すらも無く、正月の一時帰宅も

叶わず淋しかったのだという。

そこで隣県に住む母なら正月を一緒に

過ごしてくれると思い、施設を脱走したのだった。

所持金などない彼は、ひたすら歩いて数十キロあまり

離れた隣県を目指したそうだ。

なんとか県境は越えたものの、空腹に耐えかね、

ついに盗みを働いてしまったのだった。

事のいきさつを知った警察と施設側は、母親の居場所を

調べ、子供が会いにきていることを知らせた。

しかし母親の返事は「内縁の夫が同居しているので

引き取れない。会う気もない」と拒絶するものだった。

それを知った子供はうなだれながら、

施設に帰っていったという。

そしてこの記事が載って数日後。

反響が大きかったらしく、特別にコーナーが設けられ、

読者の感想がいくつか紹介されていた。

なかでも『淋しいお正月だったこの子に、

せめてプレゼントを』と、複数の読者から

現金が寄せられたそうだ。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます