【一番怖い話】私は2年前まで「呪詛代行」のアルバイトをしていました。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【一番怖い話】私は2年前まで「呪詛代行」のアルバイトをしていました。短編

私は2年前まで「呪詛代行」のアルバイトをしていました。

所属していたのは、心霊DVDなどを作ったりしてる

プロダクションで、業界でもそれほど

胡散臭くはないところです。

IMG_1351.jpg


他にもお守りや、占いグッズの通販もしています。

有名どころでもちろん今もあります。

私が担当していたのは、ブードゥ系の呪いで、依頼者から

呪う相手の爪や髪の毛を送ってもらい、ブードゥの泥人形に

入れて呪文を唱えながら針で刺す、というものです。

これはその過程をきちんと写真に撮り、依頼者に送ります。

料金は3段階あってそれなりに高額ですが、

3ヶ月たって効果がなかった場合はきちんと返金します。

・・・返金率は7割くらいでしょうか。

で、このバイトを始めてふた月ほどは何もなかったのですが、

み月目頃から全身にひどい発疹が出るようになりました。

発疹は病院で診断を受けましたが、

内臓からきているものといわれました。

それからは私の身の回りで奇妙なことが続きました。

まず、飼い猫が私を避けるようになったのですが、

これはまあ元々可愛がってはいませんでした。

ある日突然、熱帯魚の水槽が濁って全滅する。

庭の一本の木が立ち枯れる。

周囲にゴキブリや蠅などの虫が増える・・・。

一度などは開いた本の間に大きなムカデが

挟まっていたこともありました。

しかし、家は郊外にあり、偶然が続いてる

だけかもしれないとも思っていました。

ところが、しばらくして父の様子がおかしくなりました。

父はまだ五十代で、一流企業に勤めている

サラリーマンなのですが、夜中の3時過ぎに、

パジャマのまま家の外に出て行くようになりました。

そして1時間ほどして帰ってくると、泥まみれで爪の

間などにびっしりと土が入り込んでいるのです。

しかも、、大きな音を立てて出て行くのに、朝に

聞いてみると本人はどこへも行っていない、と言うのです。

さらに、同居していた姉の3歳の女の子が、寝ている間に

お腹を自分でかきむしり、しまいにはお腹が血だらけに

なって受診するということが起きました。

もちろんこれらはすべて偶然でかたずけられることで

しょうが、その頃から私は毎晩同じ夢を

見るようになりました。

それは・・・自分は部屋のベッドに寝ていて、

その周りをぐるっと(ここが少し現実とは違って、

ベッドは壁にくっついてる)7人の人が

取り囲んでいるのです。

まったく見たことのない人たちなのですが、

みな和服の寝巻きのようなものを着て、私を見下ろし、

何も言わずに首を振ったりしています。

この夢は2週間ほど続けて見ました。

これらの異変に心当たりがあるかといえば、

・・・私がやっている呪い代行のアルバイトしかありません。

友達にこの話をしたら、知り合いに占いをやっているという人が

いて能力が高い?から見てもらったら、と言われ、

ビルの一室で会いました。

そしたらやはり、呪詛のためにどんどん悪い気が

集まってきていて、特にフードゥ系は、自分よりも

自分の大切にしているものに災いが降りかかるのだそうです。

私を夢の中で見下ろしている7人は「みさき」といって、

私を守っている7人の先祖ではないか、とのことでした。

私は1週間後にバイトを辞め、すると嘘のようにおかしな

出来事はおさまり、発疹はその後2ヶ月くらいで治りました。

・・・その後お盆になり、家族で近くにある菩提寺に

墓参りにいきました。

すると、奥まったところにある墓の周囲が、納骨する

空間(何というか知らない)が見えるほど周囲の土が

掘り返されていました。

・・・これで終わりです。

あまり怖くはなくてすみません。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます