【怖い話 実話 不気味な話】毎日のように皆でドライブに興じていた頃の話だ。長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 不気味な話】毎日のように皆でドライブに興じていた頃の話だ。長編

あれは19の頃、友達同士で免許を取り、毎日のように

皆でドライブに興じていた頃の話だ。

その日は、一番最後に免許を取得したY(男)が

ハンドルを握り、この日参加する筈だったK

IMG_1656.jpg


(男)は都合が悪く来れなくなったので、俺と女友達のAとIの

四人で深夜のドライブを楽しんで居た。

最初はスピードも出さずに普通に運転していたYだが、車が

少なくなり見通しの良い直線道路に出ると、徐々にスピードを

上げて飛ばし始めた。

「法定速度を守れよ」と俺が注意しても『まぁ、かなり空いてるし

別に良いじゃん良いじゃん」と言いながら尚も

グングンスピードを上げていく。

女の子達は意外にもノリノリ・・・。

対照的に俺は完全に意気消沈。

免許取得した初めの内が一番危険な事も理解してたし、

そもそも他人の命を預かりながら危険な運転をするYの

神経が理解出来なかったからだ。

時速80kmを超え90kmになるとさすがにもう付き

合って居られない。

このまま乗ってても場の空気を盛り下げるだけだし

「下ろしてくれ」と切り出した。

『なんでだよ?こんなとこで降りても帰れないだろ?」

等と引き止められたが押し切って下りた。

俺を下ろした車はまたスピードを上げて走り去った。

下りる間際に『気を付けろよ』とYが言ったので「お前がな。

慢心は死を招くぞ」と忠告しといた。

我ながらお袋並みのウザさだ。

そのまま俺は二時間半かけて徒歩で帰宅した。

家に着いた時には、時計の針は既に

深夜3時を回っていた。

次の日、電話の音で目が覚めた。

昨晩の疲れからか大分寝過ごしたようで既に昼間だった。

電話に出ると『○○?大丈夫か?生きてるか?今どこに

居る?病院か?』と矢継ぎ早に訊かれた。

昨日ドライブに参加出来なかったKからだった。

話を良く理解出来ないまま「え?いま家だけど?」

と答えると『一体昨日は何が在った?」と訊かれた。

「え?昨日何か在ったか?」

『惚けるなよ。お前らが事故に遭ったって話で持ち切りだぞ」

「事故?俺が?」

『お前らだよ。俺もいま聞いたとこでよく

把握出来てないんだが、

YもAもIもお前も大学にも来てないし、

電話も繋がらないからよく判らないし、

一巡して

やっとお前が出たとこだ。お前はあいつらと

一緒じゃなかったのか?』

「いや、昨日は俺はドライブの途中で別れたから・・・」

『そうか・・・兎に角お前は無事なんだな?』

「ああ・・・大丈夫」

『うん。なら良かった。とりあえずまた後でかけ直す』

そう言ってKは電話を切った。

正直俺は動転していた。

(事故?あいつらの乗った車が?俺を下ろした後に?)

と、また電話がかかってきた。

『もしもし○○君?』

Yのお姉さんからだ。

「はい。どうかしましたか?」

俺は、Yのお姉さんから昨日の事故の一部始終をきいた。

俺を下ろした後Yの車は街路樹にぶつかり

大破してしまい、乗っていた三人は全員即死との事だった。

俺は正に九死に一生を得た形だった。

もしあのまま乗っていたらと思うと寒気がした。

バタバタと葬式を終え一段落したその後、

事故現場に花を供えに行った。

『お前ホント運が良かったな』

「お前もな」

『まぁそうだな(笑)』

「嫌な予感がしてたんだよな。落ち着かないって言うか」

『虫の知らせみたいなもんかもな』

その晩は、俺のアパートで二人で呑んだ。

夜も更けKが帰ると、俺はそのまま寝てしまった。

目が覚めると俺は車に乗って居た。

死んだハズのY、A、Iの姿があった。

『なに寝こけてんだよ(笑)』

後部座席の俺にYが声をかける。

あまり違和感はなかった。

寧ろ、今までの事の方が夢であるようにさえ感じられた。

『○○君イビキ凄かったよ(笑)』

Iが笑いかけながら腕を組んでくる。

「俺・・・寝てたのか・・・?」

携帯を見る。

日付はあの日。(今までのは夢?)

夢か現かと言う状態で速度計に目を移す。

80・・・90・・・95・・・100。

スピードはグングン上がっていた。

「ちょっと飛ばしすぎじゃないか?法定速度守れよ」

その一言で一瞬に車内が静まり返り、

嫌~な空気が流れた。

スピードは依然落ちない。

「なぁ、下ろしてくれ」

その瞬間突然右腕に痛みが走った。

『だめだよぉぉぉぉ!!ダメ!ダメ!

また一人だけ逃げる気!?』

Iだった。

物凄い力と形相でギリギリと腕を掴んで離さない。

「うわぁあぁぁ!!!」

思わず叫んで突き飛ばすと、ゴロリと足下にIの首が転がった。

『も゛う逃がサないがラ』

時折ゴボゴボと血を吐き出しながら、

転がった頭が語りかける。

気を失いそうになった瞬間、耳をつんざくような

悲鳴が前の助手席から響いた。

『ギィヤァァァァァァ!!!』

『痛い痛い痛い痛いぃぃぃぃ!!!

木が木がぁぁぁぁ!!』

Yがバックミラーを動かす。

そこには顔が半分崩れ、胸辺りに太い木の枝が

突き刺さったAが映っていた。

血飛沫が飛散する。

俺は無我夢中でドアを開けようとした。

だが、鍵は開いてるはずなのにいくら

ガチャガチャとやってもビクともしない。

「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい

ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

俺はガチャガチャとドアにしがみつきながら、

ただただ謝っていた。

そうこうしている内にコンビニが見えた。

事故現場付近に在ったコンビニだ。(ヤバい殺される!)

「許してくれ!許してくれ!」

「下ろしてくれ!頼むから下ろしてくれぇぇぇぇ!!!」

次の瞬間ガチャリとドアが開き空中に投げ出された。

と同時に、後ろからYの声がした。

『しっかり見とけよ』

地面に激突する衝撃を覚悟していたが、

不思議となんともなく、目を開けると歩道に立っていた。

道路の先に目をやると、車が物凄いスピードで

蛇行しながら走りスリップしながら弧を描き

街路樹に向かうのが見えた。

その時俺は見た。

Yの運転する車のタイヤに大量の腕が絡みついていたのと、

車が街路樹に激突する間際、

そのライトに照らし出された少女を。

少女の左肩からは三本の腕が生え、

それぞれ上下に手招きしていた。

少女は街路樹の横に立ち、

車はそのまま街路樹に激突した。

気付くと俺は布団に寝ていた。

枕は涙でグッショリ。

敷き布団も大量の汗で濡れていた。

夢・・・?だったんだろうか?

ふと右腕に目を移すとお約束のように手形が

クッキリと浮かんでいた。

結局彼らは何を伝えたかったんだろうか?

俺を道連れにしようとしたのか?

事故の真相を語りたかったのか?

俺には何も判らないままだ。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます