【超怖い話 実話】今日は甲子園での都市伝説です。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話】今日は甲子園での都市伝説です。短編

今日は甲子園での都市伝説です。

第61回全国高等学校野球選手権大会

3回戦『箕島高校対星稜高校』。

「神様がくれた試合」、

IMG_1545.jpg


「最高試合」とも呼ばれるこの一戦は、名前にたがわぬ

非常にドラマティックな試合経過をたどった。

1ー1で延長に入ると12回表に星稜はヒットと四球と

エラーで1点を勝ち越す。(2-1)

12回裏、簡単に2アウトを取られた箕島だったが、

嶋田選手がラッキーゾーンへ飛び込む同点ホームランを

打ち、試合は振り出しに戻った。(2-2)

14回裏、箕島は盗塁などを重ね、ランナーを

三塁まで進めてサヨナラの絶好の機会。

しかし、三塁ランナーの森川選手が隠し球で

刺され無得点に終わる。

16回表、星稜にタイムリーヒットが出て再び勝ち越す。(3-2)

16回裏、箕島は簡単にツーアウト。

バッターボックスには先ほど隠し球でアウトになった森川選手。

その森川選手も1塁側のファールフライを打ち上げてしまった。

これを取れば試合終了。

だれもがゲームセットを確信した。

だが、1塁手の加藤選手は人工芝に足を取られまさかの落球。

しかし落球したとはいえ、2アウトでランナーなし、カウントは

2-1とあと1球で試合が終わることには変わりのない

状況だった。

その何秒かのち、「甲子園球場に奇跡は生きています!」

という植草アナウンサーの名言とともに、森川選手の

放った打球はスタンドへと吸い込まれていった。

(3-3)

18回裏、これを抑えれば再試合。

だがすでに星稜の堅田投手にはその力は残されていなかった。

サヨナラタイムリーで試合は終わった。(3-4)

この出来過ぎとも言える感動的な試合の何ヶ月か後に

ある噂が流れた。

それは、16回裏に取れば勝利のファールフライを

落球してしまった加藤選手が自殺したというものだった。

実際に落球した加藤選手はもちろん自殺などはしておらず、

卒業後は普通のサラリーマンとなられたようです。

営業に出たときには「あの試合で落球した加藤です」

というセールストーク(?)で成績はトップだったとか。

自分の失敗を大きな糧にされたすばらしい方です。

現在でもこの試合をした両校の選手には交流があり、

10年に一度試合をしているとか。

心温まるエピソード都市伝説?でした。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます