FC2ブログ

[超怖い話 実話] 銀行のATMの恐怖 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 銀行のATMの恐怖 短編

超怖い話 実話 短編


バイトの給料日だったので、銀行にお金をおろしに行きました。

そろそろ銀行のATMも閉まる時間帯だったので、銀行に入ると時間が遅いためか客は自分しかいません。

窓口も時間外なので閉まっているので、本当に一人。

ATMの前に立っていると・・・

「トゥルルルル・・・トゥルルルル・・・」

銀行にある非常用の電話が鳴り出しました。

静まり返った銀行のATMだったので、驚きましたが

自分1人しかいないので、出ようかどうか少し悩みました。

IMG_1455.jpg


何か、もしかしたら用事があるのかと思い受話器に手を伸ばし、取ろうとした時に電話は切れてしまいました。

「 間違えて鳴らしたのかな? 」

そう思い、外に出ようとしたその時 でした・・・

 『 す・・・・けた・・・たす・・・』

非常用の電話から、女の人の声が聞こえて・・・・受話器も取ってないのに・・・

お金だけは下ろせたものの、夜のATMは注意が必要です。


超怖い話 ランキング ★★★☆☆


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.06.22|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます