【怖い話 実話 じわ怖】「このこと誰にも言うなよ?」 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 じわ怖】「このこと誰にも言うなよ?」 短編

もう時効だと思うから書いてみる。

文章書くの下手だから、

読みにくかったらごめん。

十年前、俺が小学六年生の時の話。

IMG_1332.jpg


ある日学校から帰る途中、人通りの多い交差点で信号待ちしてたら、
突然時が止まったみたいに、
自分以外の周りの人や道路を走ってる車とかが一斉に止まった。

え?何これ?と思ったとたん、
交差点のど真ん中に男と女の二人組みがいきなり現れた。 本当にいきなり、パッって感じで。

見た目は普通の、どこにでもいそうな感じの若い男女だった。

ただ二人とも全身黒っぽい服着て、
黒ずくめだったのが印象に残ってる。

で、現れるなりこっち見て、声そろえて「あ」って言った。

俺は何か知らんがヤバイと思って、逃げようと走り出したが、
男の方に追いかけられて腕つかまれた。

俺はすぐにでもそこから逃げたかったけど、
腕つかまれたことで完全に恐怖で動けなくなった。

男が俺の腕をつかんだまま女に向かって、

「失敗してんじゃねーか」

とか、

「失敗だけならまだしも、姿見られたのはまずい」

みたいなことを言ってた。

女の方は必死に男に、

「すみませんすみません」

って何度も謝ってた。

男はしばらく、

「どうするか」

とか、

「まずいよなー」

とか言いながら、困った様子だった。

そしたら男がいきなりこっちを向いて、

「このこと誰にも言うなよ?」

って言ってきた。

俺は怖くて、必死で

「言いません!言いません!」

って言った。

横で女が

「それは駄目ですって!ばれたら余計にまずいことになりますって!」

って言ってたけど、男が

「バレなきゃいいんだよ、そもそもお前が失敗したから~」

とか言って揉めだした。

結局男が女を言い負かしたみたいで、女は何かしょぼんとしてた。

男がかがんで俺と同じ目線になって、

「これやるから絶対誰にも言うなよ、頼むから」

って言って、つかんだままの俺の腕を引っ張って、手に何かを握らせた。

俺が

「わかりました、絶対誰にも言いません」

って言ったら手を離してくれて、
そのまま頭わしわしなでながら、

「すぐ元通りになるから、もうお家帰りな」

って言った。

女の方も

「脅かしちゃってごめんね」

って、申し訳なさそうに言った。

俺は男に貰ったものをポケットに押し込んで、
言われたとおりに、止まった人達の横を通り抜けながら、走って家に帰った。

玄関で靴を脱ぎながら、お母さんも止まってるんだろうかと不安になった。

止まったお母さんを見るのがなんとなく怖かったので、
いつもお母さんがいる居間の方を見ないようにダッシュして、
自分の部屋に入った。

ランドセルを片付けてると、
居間の方からテレビの音と、
テレビを見て笑ってるお母さんの笑い声が聞こえてきたので、
居間に行ってみたら、お母さんが驚いた顔して

「いつ帰ってきたの?」

って言ったのを見て、あ、元通りになった、と安心した。

お母さんに今体験したことを言いたくて仕方なかったが、
言わないと約束したので言わなかった。

部屋に戻ると、男に貰ったもののことを思い出して、
ポケットから取り出してみた。

和紙っぽい紙に包まれた飴みたいだった。

包み紙から出してみると、ちょっと白っぽい透明な飴で、
中心部分が虹色のマーブル模様みたいになってた。
流石に食べるのはヤバイだろと思ったが、
この頃の俺は酷く食い意地が張っていたのと、好奇心に勝てずにその飴を食った。

味はめちゃくちゃ美味かった。

今までに食べたことの無いような味で、
その美味さはとても言葉では表現できない。

とにかくものすごく美味かった。

その後ももう一度その飴が食べたくて、
毎日のように交差点の付近をうろうろしたりしてみたけど、
一度もその男女に会うことは出来なかった。

中学2年の時に遠方に引っ越してからは、
その交差点に行くことも出来なくなってしまったけど、
今でも道を歩いてるときに交差点を見ると、この体験を思い出す。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます