【怖い話 実話 じわ怖】合宿所の体育館で遅くまで練習した後、 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 じわ怖】合宿所の体育館で遅くまで練習した後、 短編

中学校1年の時の夏休み、

部活で合宿に行った。

合宿所の体育館で遅くまで練習した後、

三年の先輩に付き合ってもらい、練習していた。

IMG_2146.jpg



一年生で部で一番チビなのに、
2年生を飛び越してレギュラーになってたから、
2年生には苛められていた。

でも、実力が伴えば良いんだと思って、
いつも必死で練習していた。 先輩達は

「明日は練習試合があるんだからね」

と言って、先に寝てしまった。

一人で11時ごろまで練習したあと、全部片付けた。

ちょっと夜風に当たろうと思って、
体育館の外側の扉を開いたら、そこは体育館だった。

そして、部の皆が練習していた。

黙々と掛け声もかけずに練習していた。

「えぇええ、皆練習してるんですか?言ってくれれば良かったのに!」

と言いながら中に入ろうとしたら、
私のポジション(セッター)のところに、私がいた。

しかも、目が合った。

気味悪くなって、扉を閉めて鍵を閉めたら、
ドンドンドンドン扉叩かれた。怖くなって逃げた。

ロビーに顧問先生(女)と監督先生(男)がいた。

「先生~~!!」

と、私は先生に抱きついて泣き出した。怖かった。

全部話すと、顧問先生は

「あんたは練習熱心だから、ちょっと疲れちゃったんじゃないの?」

と言われた。

でも、余りにも怖かったし、
体育館の電気を消さずに走ってきてしまったので、
監督先生について来てもらって、確かめに行った。

監督先生は、その年に先生になったばっかりの新米先生だった。

体育館に着くと、問題の扉を開けてみた。

やっぱり体育館があって、監督先生も『自分』と会った。

私はその場で尻餅をついてしまい、監督先生に負ぶわれた。

急いで電気を消して、ロビーまで戻った。

次に顧問先生と先輩達が行って、問題の扉を開けると、
あったのは断崖絶壁の海だったそうな。

「あれはなんだったんだろうね」

と、20歳過ぎた今でも、たまに監督先生と会うと話してる。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます