【怖い話 じわじわ来る怖い話】誰も信じてくれない本当の話。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 じわじわ来る怖い話】誰も信じてくれない本当の話。短編

ちょっと俺の誰も信じてくれない本当の話。

小さい頃に、喋る犬みたいのと暮してた。

見た目は大人の人が馬の真似した様な感じで、

質感は獣というより粘土で作った様な感じだった。

IMG_2142.jpg

さらに、暮してたというか常に身近に居て、
たまに姿を現すって感じだった。

でも俺が小学校に上がり、次第にその犬もあまり現れなくなった。 週に1回見るか見ないかってくらいに頻度が落ちて、
しかも目が合っても知らん振りされたり。

俺には弟が居て、弟は俺がその犬になかなか会えなくなってる時でも、
頻繁にその犬と遊んでいる様で、よく話しを聞かしてくれた。

そして小学3年生の時、隣の家が火事になった。

俺は弟とベランダでその光景を眺めていた。

でもその光景に飽きて、部屋に戻って遊んでたら、
部屋が物凄く暑くなってきた。

なんと、俺の家に火が燃え移り、部屋が燃えていたのだ。

それで逃げようとしたんだけど、
階段の方は燃えてるしで逃げられなくなり、
部屋も凄く熱くて弟もワンワン泣いてるし、
子供心に『これ確実に死ぬ』とか思っていたら、
その喋る犬が出てきて、悠長な日本語で

「またいつもの暮らしに戻ります?」

とか言ってきた。

俺は意味も理解出来ないまま頷いた。

すると突然周りの風景が変わって、
弟と一緒に学校に登校してる風景になった。

弟も自分と同じ様な状況になったらしく、不思議がっていた。

成人した今でも、弟とその時の話しをしたりする。

俺の誰も信じてくれない本当の話しでした。

ちなみに、その火事の後もその犬は居て、
最終的に見なくなったのは高校入学直前くらいです。

弟も大体それくらいだそうです。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます