【怖い話 じわじわ来る怖い話】学校でこっくりさんが流行ったんだ。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 じわじわ来る怖い話】学校でこっくりさんが流行ったんだ。短編

私が高校の頃のこと。

よくある話だけど、

学校でこっくりさんが流行ったんだ。

私の母校は地元の鎮守をどけて作ったらしくて、

IMG_1252.jpg


敷地の隅っこにそのお社が移築されてた。

よく道端にある朱塗りのあれと、小さい鳥居ね。 そういうイワクがあるうえに、噂によると祀られてるのは狐らしい。

そのせいか知らんが、こっくりさんの占いもやたら当たるらしくて、
私も「どーせガセだろw」と思いつつ友達とやってみた。

でも10円玉の示す文章は、『体育教師はヅラだ』とか、そんなのばっかり。

もちろん、悪ふざけして10円玉を動かしてたやつがいたんだが。

そんなことやってるうちに、こっくりさんは盛り上がったんだが、
だんだん私は便所に行きたくなって、

『儀式が終わるまで10円玉から指を離しちゃいけない』

ってルールを無視してしまった。

信じてなかったから。

で、廊下に出て、便所の戸を開けた。

ドアの先には明らかに便所じゃない光景が広がっていた。

バタン→便所の戸のマーク確認→もう一回開く→やっぱり便所じゃない。

板張りの床の広い部屋で、ひとが2人いた。

一人は床に突っ伏して号泣している、
神主か何かのコスプレみたいな格好のロンゲ兄ちゃん。

もう一人は、それをnrnr眺めてる美女。

今思えば、ちょっと石原さとみだったかもしれない。

いろいろ意味不明すぎて私は固まってたんだけど、
そのうち女の方が私に気づいた。

「あっ、○○(私の名)ちゃん!」

やばいと思って逃げようとしたんだけど、
男が猛ダッシュでこっちに来て、捕まえられた。

そのまま部屋の中へ連行。

男は私の肩をガクガク揺さぶりながら、

「お前らかあああ!」

「違う!俺はあんな馬鹿みたいなこと言わない!」

とかなんとか叫んでた。

女は基本的にnrnrするだけ。

男が暴言を吐いたら止める。

私「あの、便所行きたいんですけど」

男「便所も我慢できないほど締りが悪いのかお前は!」

女「女の子になんてこというの!」

みたいなかんじ。

だいぶ長い時間、このわけのわからん2人に捕まっていた気がする。

男の言い分をまとめると、

「ハゲでもデブでも赤点予報でも何でもいいが、
俺の言葉ってことにしないでくれ。
俺はそんな下品なこと言わない!」

こんなかんじ。

なんとなく『体育教師はハゲ』のことかなあと察しがついた。

私も膀胱がやばかったので、2人に泣きついて、
最初に入ってきた戸から帰してもらった。

それで廊下に出られるかと思いきや、ドアの向こうは女子トイレ。

用を足して個室から出たら、まだ戸が開いてて、あの2人がこっちを見てた。

「馬鹿なことはほどほどにね。守ってあげられるのは子供のうちだけだから」

女の方がこんなことを言って戸を閉めたんだけど、
また開けても普通の廊下だった。

一緒にこっくりさんをした友達がいたから、

「もうこっくりさんは終わったのか」

と声をかけたら、職員室に引っ張っていかれた。

そこで話聞いたら、遊んでる最中に便所に行ってから、
2日ほど私は行方不明だったらしい。

自分としては、あの2人に拘束された時間は30分くらいだと思うんだけど。
虚言癖があると思われたら嫌だから、
行方不明中のことは覚えてないということにしておいた。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます