【怖い話 ほん怖】夜に閉店したスーパーの駐車場で一人で滑ってたら、短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 ほん怖】夜に閉店したスーパーの駐車場で一人で滑ってたら、短編

1年くらい前にスケボーやり始めて、

夜に閉店したスーパーの駐車場で一人で滑ってたら、

向かいのアパートの階段を上りきった手すりに、

肘をついてこちらを見てる小学生ぐらいの男の子がいた。

IMG_2145.jpg


顔は見えない。


電気の逆光で影しか見えないんだけど、
いつも視線を感じてた。

11時とか結構遅くまでやってたのに
ずーっと微動だにせずに見てるから、
気持ち悪いなぁって思いながらも毎日通ってたんだけど、
ある日その男の子が日ごとに移動して段々近づいてきてる事に気付いて、
怖くなってスケボーやめてしまった。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます