【怖い話 実話 ほん怖】おじさん怒り気味 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 ほん怖】おじさん怒り気味 短編

実家の斜め向かいがお寺さんなんだ。

オカ板でよく『お寺でお払い~』

とか『寺生まれのTさん』

とかあるけど、

IMG_1402.jpg


そのお寺の宗派では、死霊の存在自体が否定されてるそうな。

お寺さんには自分と歳の近い子どもがいてよく遊んでたんだけど、
その子のお父さん(お坊さんで、お寺の主)も普通のおじさんだったよ。

夜中に

「助けて!除霊してください!」

ってドアを連打する音と声のあと、
おじさんが

「いま何時だと思ってんだ!」

って説教してるのが聞こえたこともあったw

「霊なんていないの!ウチは除霊してないの!」

って言っても諦めない人もいて、
しつこくて困るって時々ボヤいてた。

ある日、おじさんが玄関先で

「うちは除霊してないんです」

って話してるとこに出会った。

おじさん怒り気味で

「だからね、霊なんていないし、お払いとかしてないんです」

って。

私にはおじさん以外に誰も見えなくて、
ほんのり怖かった。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます