【怖い話 実話 ほんのりと怖い話】「遊びに来てるんだね」 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 ほんのりと怖い話】「遊びに来てるんだね」 短編

私が中学生の頃住んでた家での話。

私には4つ年上の兄がいる。

兄には当時付き合ってた同い年の彼女がいて、

家にもよく来てた。

IMG_1909.jpg


その彼女が来る予定の日、
確か土曜日だったと思う。
(半ドンで次の日が休みだから泊まりにくるって話だったはず)

兄は学校をサボっていたか何かで家にいて、
兄の中学時代の友達Aから、

『これから遊ばないか、他にも数人くる』

と電話を受けた。

高校に進学しなかった友達が
免許をとったからドライブに行こうっていう誘いだったらしい。

誘われた兄は母に事情を説明して行ってくると言ったんだけど、
その日に限って普段放任主義の母が

「彼女ちゃんくるんでしょ?やめときなさい」

と強めに止めた。

その日の夜中、ドライブにでかけた4、5人のうち、
2人が事故で病院に運ばれ、そのまま亡くなった。

あの時、母が止めていなかったら、
事故にあった車に乗っていたのは兄だった。

その事を暫く兄は後悔していたようだったけど、
私としては不謹慎だが行かないでくれて良かったと思う。

母にその時のことを聞いてみると、
何故か行かせてはならないと思ったそう。

親子というか、母親って不思議だなと思った。

そして自分的にほんのり怖いのはここから。

その時住んでた家は相当なボロ家だったんだけど、
家鳴が頻繁になるようになった。

これだけなら気のせいだと思うし、
古い家だったから気温差で鳴ることもあると思う。

でも他にもラップ音と言われる部類の何かが破裂するような音や、
二階には誰もいないはずなのに歩き回る音がしたりした。

家にひとりでいるのが本当に怖かったよ。

ただ、これを収める方法が1つだけあって、
亡くなった兄の友達の名前を呼んで、

「もう寝るから静かにしてね」

って言うと不思議と音が止んだ。

母は

「遊びに来てるんだね」
「よく家にも来てたからね」

って全然怖がって無かったけど、
中学生の私にはほんとに怖かった。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます