【怖い話 ほんのりと怖い話】祖父の葬儀のロウソクの火 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 ほんのりと怖い話】祖父の葬儀のロウソクの火 短編

祖父の葬儀のロウソクの火が、

手や扇子で強く扇いでも(本当は好ましくないらしいけど)、

息を吹きかけても、

火が揺れるだけでまったく消えなかった。

IMG_3490.jpg



葬儀場の人が持ってきた
小さな器?蓋?みたいなのをかぶせてもダメ。

最終的に、ブチ切れた父が

「いい加減にしろ!」

って怒鳴りながら素手で握り消した。

その直後、私の持っていた数珠が切れた。

数珠はポケットの中に入れてた。

弾けるみたいな感覚があって確認したら二箇所切れてて、
ポケット全体がカイロ入れてたみたいに熱くなってた。

ロウソクの件で親族みんな騒然としてたから、
数珠の事は黙ってたんだけど、
三回忌だしもういいかなと思って姉に話したら、
その日、姉の数珠も壊れてたらしい。

ただ、姉はバッグに入れてたので、
どのタイミングで切れたのかわからないらしい。

祖父は趣味で外国のお面を集めてて、
私達が子供の頃遊びに行くといつもお面かぶって出てきたので、
それにびっくりして泣かされたりもしたから、
ちょっと苦手だった時期もあったんだけど。

最後まで驚かされたよ、まったく。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます