【実話 意味怖】「二度目の事故だって?」短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【実話 意味怖】「二度目の事故だって?」短編

A「二度目の事故だって?」

B「痛かったよ。二度と致命傷は

負いたくないって思ったわw」

C「二度目はないから安心しろ」

IMG_1533.jpg


A「え?」



C「いや、こっちの話だ」





【解説】





『A「二度目の事故だって?」』

『B「痛かったよ。二度と致命傷は負いたくないって思ったわw」』

『C「二度目はないから安心しろ」』



致命傷の割には元気そうなB。

Aの発言からしても事故からそこまで時間が経っていないはず。



となると、Bはこの事故で亡くなってしまったのか。

そして発言からしてもBは死んでしまったことに気づいていない。



Aには見えていないが、Cには霊感がありBと会話している。



『A「二度目の事故だって?」』

『C「二度目はないから安心しろ」』



Bが幽霊でAには見えていない(会話が聞こえていない)のであれば、

不思議な会話に聞こえてしまっているだろう。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます