【意味が分かると怖い話】俗にいうボロアパート。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【意味が分かると怖い話】俗にいうボロアパート。短編

俺はかつてアパートの

101号室に住んでいた。

チャイムは鳴らない。

カビくさいと…俗にいうボロアパート。

IMG_2500.jpg


漫画を読みながら、ふと窓に目をやると友人の姿が…。



各部屋の玄関は裏手にあるため、アパートの訪問者は必ずこの101号室の窓を通るのだ。



『ドンドン』間髪入れずにドアを叩く音が聞こえた。





しばらくして友人が帰ると、俺はまた窓の方を向いて漫画を読み始めた。



すると一人の見知らぬ男が通り過ぎた。



俺は気にも止めず漫画を読んでいると、2~3分後に隣からチャイムの音が聞こえた。



それから30分は経っただろうか…



再び、用事を済ませた男が窓を通り過ぎると今度は目が合った。





翌日、警察が来て、隣の住人が殺されたのを知った。



警察の捜査によると、無差別強盗殺人だったそうだ。





【解説】





友人が来た際、

『『ドンドン』間髪入れずにドアを叩く音が聞こえた』

とあることから、廊下(通路?)に窓がついているのだろう。



なので、必ずこの窓を通る。



無差別強盗の殺人犯は2~3分後にとなりの部屋のチャイムを鳴らしているが、

友人が『間髪入れずに』とあるにも関わらず、

2~3分かかるのはおかしい。



つまり、最初は101号室、

語り手がターゲットだった。



しかし、チャイムが鳴らず誰も出てこないため、

101号室は諦め隣の住人を殺した。



『用事を済ませた男が窓を通り過ぎると今度は目が合った』

もし、来た時に目が合っていたらドアを叩かれ、

語り手が殺されていただろう。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます